フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

山のバカンス: 師匠の還暦のパーティーに参加

元・同僚のお宅にお世話になった2日目、
その日は、彼の60歳の 還暦のお祝いパーティーの日でもありました。
べべ連れであること、私の両親もいることから遠慮させてもらおうと思っていたら、逆に大歓迎とのこと。
このあたりが、フランス人のゆる〜〜〜いところですね。
b0069848_524467.jpg
というわけで、会場作りをお手伝いさせてもらいました。
b0069848_530619.jpg
風船をふくらませて吊るす単純な作業なのに、Ninaが邪魔してうまく事が進まない…。
しかも、途中でバンバン割れちゃうし。
中央の四角い発泡スチロールの箱は、赤とロゼのワイン。
一体、何リットル入りなのかしら…。

b0069848_5295938.jpg
テーブルのデコレーションも可愛いです。夏っ!って感じ。
パーティーの終わりには、この飾りをNinaにたくさん持たせてくれました。
このデッキチェアが可愛いのはわかるが、自分で座ろうとしたNina。
小さなあなたでも、さすがにこれには座れないだろう…。(笑)
これ、ちゃんと折りたたみできるんですよ〜。芸が細かい!

b0069848_5323832.jpg
招待客のうちの一匹?ジャックラッセルの赤ちゃんに大喜び。

b0069848_533659.jpg
お昼近くになって、少しずつ招待客が増えて来て、会場は賑やかに。

(しばらく作ってないけれど)私のソーセージ作りの師匠だけあって、
元・肉屋のパーティーはやっぱりこれがメイン。
手作りのソーセージ!
b0069848_533682.jpg
右のプレートは鴨と豚のフィレ肉を燻製にして干したもの。
お肉が食べられない母も、チャレンジとか言いつつ 結構な量を食べてました。
おいしかったもんね〜。
b0069848_5343096.jpg

さて、食前酒でお腹が満たされたところで、私たちはちょっと抜け出して近くの街を散歩。
それが前回の記事の一つなのでした。

午後の部…。
夕方に戻って来てからも、まだ皆さんお話が弾んでおりまして…
かなりできあがってる様子。
よく喋ることあるな〜、って時々思うのは日本人だからでしょうか?

せっかくなので、持ってきた浴衣に着替えてご機嫌なNina。
b0069848_5351036.jpg


私も母も、持参した浴衣を着てみました。ちょっと恥ずかしかったのだけれど。
b0069848_5354944.jpg


後ろの高級車は、自分のためのご褒美だそうです。
b0069848_5362037.jpg
師匠の、これからの定年人生に乾杯!

よく食べ、よく呑み、よく笑った一日でした。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-09 05:41 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco