フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

ママンと一緒に病院暮らし

b0069848_154117.jpg
昨日、14日は、Ninaの出産予定日でした。
早く出てきたこの2週間、親としても、いろんな体験をしました。

毎日、通ったパリの12区の病院 Trousseau トルソー 。
渋滞を避けるため、夕飯を済ませてから出かけ、帰りは深夜2時、3時になったり、
病院に2泊したこともあったり…。

でも、一昨日はパリ通いが最後の夜でした。
と言っても、自宅へ直行というわけではなく、2週間前にNinaが生まれた病院で様子見。
片道30kmの道のりだけど、渋滞がないというのは実にありがたいことです。

2週間もの間、お世話になった看護士さんたちにお別れを言うのが、なんとも切ない気分でした。
それだけ、気持ちよくNinaのことを面倒見てくださいました。
皆さん、本当に子供が大好き!泣きわめくNinaも、彼女たちの手にかかればすぐに泣き止んでしまう。まるで魔術師みたい。

昨日、ちょっと我が家に近づいたNinaの様子を見に、出産した病院へ行ったら、ちょうど5分前にパリから到着したところでした。
そして、Ninaのベッドと共に部屋に案内されると…、
ん?bebeには広い部屋だな〜、と思ったら、ママンと一緒の部屋でした。
母乳を与えるため、bebeの体重がもうちょっと増えるまで、付き添いという形です。
でも…予想外のことだけに、心の準備ができてない!(苦笑)

…という訳で、荷造りを慌ただしく済ませ、再び病院へ。
そう、昨日から、私も病院暮らしです。

と言っても、優雅にベッドに横たわっていられるわけでなく、
看護士さんから、少しずつ、母親になるための術 を修行中…。
b0069848_1533570.jpg

[PR]
by exmouthcoco | 2012-11-16 01:55 | のんびり子育て

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco