フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

すごいぞ!セロファンの力…

手作りのベーコンは、やっぱりおいしい…。
簡単な手順を書くと、豚バラ肉を
塩漬け → ピックル液に漬ける → 塩抜き → 乾燥 → 燻す
となるのだけれど、この、塩抜き後の乾燥が、保存性を高めるためには大切な作業。

今までは、水分をふき取った後、キッチンペーパーをぐるぐる巻きにして、冷蔵庫へ。
翌日、ペーパーを交換。また次の日も、ペーパーを交換して…と、地道な作業。
しかも、湿ったペーパーが肉にぴったりくっついてしまい、なかなか取れなかったりして、
どうにかならないかな~と思っていたのも事実。

日本には、食品の水分を吸ってくれる○チットという便利な脱水シートがあるけれど、
フランスでは見たことも聞いたこともない。
でも、○チットって、結構な値段がするのよね…。

ある時、ネットサーフィンをしていたら、そのシートの代わりに、あるもので代用できるというのを発見。

それは、タイトルにもあるように、
セロファンなのですよ。

本当かどうか、試してみたい…!
ずっと思っていたのだけれど、フランスでセロファン用紙って、見たことない。
大体、文房具コーナーに足を踏み入れることがほとんどないからなのだけれど、
オットのニコラに聞いても、「知らない」の一言。

そんな訳で、日本に帰った時に、脱水シートでなく、セロファン用紙を買ってきましたよ~~。
透明のが欲しかったんだけれど、どの店でも「赤・黄・緑・青・透明」の5種類入りのパックばかり。
そりゃそうだよね…。用途としては、多分、小学生がステンドグラスの工作に使うくらいだろうし。
b0069848_64913.jpg
今回は赤のセロファンです。(笑)
ニコラに、「何?その赤い肉は?」と言われ、
仕込み中、何度となく、チャーシューを作ってるような気分に陥った。イメージってすごい。

塩抜きした後、軽くキッチンペーパーで水分を取った後、セロファンをピッチリと巻く。
バットに食塩を薄く敷き、セロファン巻きの肉をのせて、さらに食塩をかけ、冷蔵庫へ。
これは、○チットと同じ原理なのだそうですよ。
塩を使うけれど、しょっぱくなることはありません~~。お砂糖でもできるみたいだけど…。

セロファンがなかなか肉になじまなくて大丈夫かな~と思っていたけれど、
翌日、見事にセロファンは肉にピッタリくっついて、しかも、バットには大量の水!
この水分を捨てて、1週間ほど、冷蔵庫の中で休ませたのがこちら。
b0069848_6141015.jpg
肉が締まってます!
キッチンペーパーで水分を取ったものとは大違い。

さて、この後、無事に燻製作業も終わって、上出来のベーコンが完成!!

毎年、冬に仕込むスモークサーモン。
これはセロファンが大活躍だわ~~~。出来が楽しみ!
[PR]
Commented by akiko_tp at 2012-06-29 14:35
セロファン!懐かしい~
確かにお花とか作って、地面に写して色がキレイ!とか遊んでた記憶が、、、、確かに大人にはあまり縁のない文房具ですね。
お肉が締まるってすごい。
赤はまだいいですけど、青で巻いたらなんだか食べ物っぽくなさそう、、、笑
Commented by usa-fr at 2012-06-29 20:15
こんにちは!
セロファン、一時帰国したら忘れず買ってこないといけませんね!!
燻製修行に、行ってもいいですかぁ~?
我家の狭いお庭じゃ、近所から苦情が来ちゃうかもしれないですね。
赤い色のセロファン、色が移ったりすることはありませんでしたか?

かれこれ10年、憧れの燻製つくり、いつか挑戦したいです~。
Commented by rei at 2012-06-29 21:10 x
ほぉぉ、セロファンにそんな役割があったのねー。
しかも、大量のお水がしっかり出るのね。真っ赤なのが笑えますが。
今度からcocoさんへのおみやげはセロファンね(笑)
Commented by ritokotoG at 2012-06-29 21:20
cocoさん、こんばんはー。
すごいタイムリーな記事。
我が家、最近、ベーコンを食べるようになって
自分でも作れないかって思っていたのー
スーパーで売られてるものは、驚くくらいいろんな添加物がはいってるし
お肉屋さんで買うのは無添加なんだけれど結構な値段がするし。
確かcocoさん家は、立派な薫製器も確かありましたよね〜
薫製器なくても、出来るのかなー???
↑の方がおっしゃってるけれど、わたしも薫製修行に行きたい〜^m^
それだけじゃなく、cocoさんにはいろいろ教わりたいです〜
Commented by exmouthcoco at 2012-06-30 05:01
■ あっこサン、こんばんはー。
セロファンって、小学生が図画工作に使うくらいしか、用途が思いつかないですよね。
でもでも!本当にお肉の水分がうまく出て、非常にいい感じでした。
自家製パンチェッタとか、余裕で作れそうです~、セロファンで。
青で巻いたら…(笑)、確かに不気味かも。あ、でも、色は肉につかないのでご安心を。
Commented by exmouthcoco at 2012-06-30 05:07
■ うさこサン、こんばんは~~。
そうなんですよ!日本だと比較的手に入りやすいけれど、こちらだと見たことないので。
あ…お花屋さんとかにはあるか!分けてもらえる??

セロファン、燻製や干物には必須だと思いました。
うさこサンも、日本の里帰りの際には是非!感動しますよ~~。
セロファンの色は、肉につくことはありませんでしたよ。
燻製だったら、まずはお手軽に、中華なべからスタートするのがいいかも。

燻製修行もいいけれど、私はうさこサンのお菓子とパン修行に行きたいな~~。
Commented by exmouthcoco at 2012-06-30 05:12
■ reiさん、こんばんはっ!
そぅなんですよ~。あんなペロペロのフィルムにこんなすごい力があるなんて…。
でも、たいしたことない仕組みなのに、なんであの脱水シートはお高いのでしょう?
以前、合羽橋で○チットを売ってるのを見て、卸価格なのに妙に値が張るのにビックリしました。
もう、これからはセロファン一筋です~~。
透明だったら、言うことなんですけどね…。^^;
Commented by exmouthcoco at 2012-06-30 05:18
■ kotoriさん、こんばんは!
ベーコン、自分でも作れますよ~~。
サーモンと違って、燻製の時の温度をそんなに気にしなくていいので、
手順に慣れてしまうと、簡単です~~。
自家製を食べてしまうと、市販のものに戻れなくて…。

燻製器、なくても中華鍋とかでもできるんです~~。

私も実家にいた時は、実はキッチン・スモーカーでした。(笑)
中華鍋にアルミ箔を敷いて、お茶の葉とお砂糖を入れて…
丸い網をのせて、肉の塊を置いて、火をつけて、蓋をして…、と。

ネットで検索してみるとたくさん出てくると思うけれど、
手作りの燻製器も比較的簡単にできます。
我が家も、この家に来て初めての燻製器はダンボールでした。(笑)

ベーコン作る際は、是非、セロファン使ってみてね!!


Commented by garjun2 at 2012-06-30 05:44
Coco さん、こんにちは。
ベーコン作り、手間がかかる作業ですね。 だからこそ手作りのものには作る人の気持ちがこもっていて、よけいにおいしいんですね。
セロファンの活躍にはびっくり。ほんとーに日本のもの手に入りにくいから、代用品、代替え品ですよね。 日本に帰った時に買い込むとか。

写真を見ていたらうらやましくなってきたぞー。 わたしたちもやってみようかな。
仕上がりも見てみたい。
じん
Commented by anrianan at 2012-06-30 10:11
cocoさん、こんにちは!
ん~・・・・、いつもながら凄い。確かに手作りベーコン、おいしいですよねぇ。・・・といっても、私は手作りしたものをいただいて食べただけなのだけど。もともとベーコンはどちらかというと苦手なので、わざわざ買っては食べないのです。でもいただいたから「食べてみるか」程度で食したら、これが「おいしい!・・・」と感動。そのうちに自分でも作ってみようと思いつつ、なかなか手付かずなのですが。(手つかずが多すぎ)(^_^;)
ところで、ピックル液って何ですか?
Commented by oz55mama at 2012-06-30 17:34
cocoさんこんにちは。
セロファンですか。いい情報ありがとう。○チットシート高いです。家で作るベーコンおいしいですよね。ちょっと手間だけど、それに見合う以上においしいからまた、作りたくなるし、食べたくなる〜
私は、ベーコン程時間がかからず手軽にできる、豚ばらの塩ダレ漬けの燻製よく作ります。もちろん手間暇かけたベーコンの味はサイコーですよね。
Commented by senbeis at 2012-06-30 19:06
初めてコメントします^^
こんにちわ!
へ~~そうなんだ・・セロファンが使えるんですね・・
私もスモークサーモンやベーコンやビーフジャーき作りしてます~♪今日はビーフジャーキーを丁度漬けこんだ所です~♪こちらでは今の時期は飛び魚の薫製を作ってます^^
セロファン試してみます~良い情報ありがとうございまーす。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-01 05:22
■ じんサン、こんばんは~。
ベーコンなどの燻製って、慣れてくるとそんなに大変な作業ではないのですが、
塩抜きとかが結構面倒だったりします。
愛情をこめてつくるわけだから、おいしいのは当たり前なんですが、
やっぱり市販のものに比べて、スモーキーな香りがして燻製を食べてる、って感じがします。
(最近は、燻製フレーバーの調味液に浸すだけのものもあるらしいです)

セロファン、実際に使ってみてビックリしました。
食品の水分が出てくる、出てくる…!
テキサスにも、すぐには売ってなさそうですよね。(笑)←同じです~~。

仕上がりの写真がないのは、すぐに下ごしらえをしてしまったからなんです。
燻製をした後、一日、風乾させてから、スライスやダイスに切って、
小分けにして冷凍してます。
すぐに使えるので便利ですよ~~。
じんサンも、実験がてら、ベーコン作ってみてください!
燻製作り、はまりますよ。^^
Commented by exmouthcoco at 2012-07-01 05:32
■ anriさん、こんばんは!

そうでしたね…。anriさんは元々、お肉は苦手だったのよね…。
それでも久しぶりに食べておいしく感じたなんて、
よっぽど上手にできたベーコンだったんだわ。

anriさんのお庭だったら、すぐにでもできそうだけど…。
日本でも燻製は台所で作ってた私だけど、
こちらに引っ越してきて、どうしても燻製が食べたくなって、
ダンボールで作ったのが始まりです。
この時に食べたベーコンやゆで卵の燻製に感動して、
いまやスモークサーモンまで作るニコラがいます。(笑)

ピックル液は、塩水のようなものです。
我が家のピックル液は大量の塩の他に、醤油、黒砂糖が入ってます。

お肉でなくても、かまぼこやチーズ、ゆで卵、魚など燻製が楽しめるので、
そのうち…anriさんも試してみては?
まずは、中華鍋を使っての燻製が簡単です。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-01 05:38
■ ひつじサン、こんばんはー。
実を言うと、こちらで売っているベーコンが水っぽくて、あまり好みの味でないんです。
しかも、脂身が多いし…。
たっぷり仕込んだつもりでも、便利な食材ということもあって、
あっという間になくなってしまうんですよね。

ひつじサンがよくお作りになる、豚ばらの塩ダレ漬けの場合は、塩抜きしなくてもいいのですか?
この作業が結構面倒で…。^^;
でも、セロファンがいい仕事をしてくれてるので、かなり助かってます。
ひつじサンも是非、セロファン、試してみてくださいね~~。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-01 05:43
■ senbeisさん、こんばんは。
そして、はじめまして!
燻製作り、楽しいですよね。そして、あまりのおいしさにはまりますよね。
私もビーフジャーキー、たまに作りますよ~~。
ハードルが高そうで、実は結構簡単なんですよね!
ジャーキーはセロファンを使ったことないのですが、
サーモンは絶対に必須だと思います。
是非試してみてくださいね~。
Commented at 2012-07-01 21:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-02 04:37
■ 鍵コメさんっ、
わぁ~~~っ、わざわざお知らせありがとうございます。
早速、見てみますね。merci!!
Commented at 2012-07-02 15:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-02 23:23
■ 鍵コメさん、こちらこそ、どうもありがとうございまーす。^^
本当、ラッキーですね!!
ふふふ…私も同じく、小心者ものです。(苦笑)同じだー。
お互い、健康で、この夏を乗り切りましょうね~~。なんか心強いですわ。
Commented by paprica at 2012-07-03 02:25 x
ベーコンまで作っちゃうの?!セロファンのちからよりも、Cocoさんがスゴイよ!!
おいしいんだろうなぁ。燻製するのにはスモーカーを使うんだよね。
セロファンなんて、このあたりに売ってるのかな。クラフトショップに行ったら見つかるのかなー。Cocoさん、すごいわ〜。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-03 06:05
■ papricaさん、こんばんはー。
いやいや、ベーコンって、慣れるとそんなに難しくないのよ。
面倒だったりもするけれど、市販のものに比べておいしいので、やっぱりこの作業は外せないのです。
はい、一応、スモーカーで作ってるけれど、実家にいた時は中華鍋で作ってたよ~~。

そうそう、先日、papricaさんの「じゃがいものピザ」作ってみたよ~~。
めちゃくちゃおいしくできたよ!
イモ兄ちゃんのニコラが一口食べて「また作って~~」とすかさずリクエストが入ったのでした。papricaさん、merci!!
Commented by miyuki@呑み助 at 2012-07-03 07:42 x
う、うまそ~~~

私はベーコンまではできないですが、
塩豚は良くつくってますよー
○チットは使ったこと無いんですけど、
かなり良いとのウワサ・・・
Commented by exmouthcoco at 2012-07-04 05:18
■ miyuki@呑み助サンっ、こんばんはー。
塩豚って…?と思ってくぐってみたら、塩漬けの豚肉なんですねー。
燻製作業が面倒で食べちゃう時もあるんですが、まさにソレだったわ~。(笑)
セロファンの力はすごいですゾ!何かの機会があれば試してみてね!
Commented by momimam at 2012-07-07 23:09 x
燻製・・・ セロファンって お花とかのラッピングの?
検索していたら 川越にも 製造工場があったわ。
一般市場には 中々流通?していないわね・・・・ というより
ごく普通に用途画ないものね。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-09 05:31
■ momimamさん、こんばんはー。
最近、PCの調子がいまひとつで、なかなかページも開けずにいました。
急に重くなって、画像とかも整理したりしたのだけれど…もうちょっとメンテナンスが必要みたいです。

セロファンは、mocomocoさんも一緒に探してくれたの。
川越にも工場があるんだー。
子供の工作以外に、お花屋さんでよく使うかもね、そういえば。
mocomocoさんもベーコン作るみたいだから、試してみたらいいかも。
momimamサンの場合…干物とかみりん干しに使えるんじゃないかな。
Commented by パシリー at 2012-07-13 05:22 x
COCOさん、おひさしぶりです。フランスでもセロファン売ってますよ。パピエフルーリスト(花屋さんで使うセロファン)お花屋さんで頼めば少しだけ切ってもらえることもありますし、文房具やさんでロールでもうってます。相変わらず、家の工事にお料理に感心させられることばかりです!すごいなー。
Commented by exmouthcoco at 2012-07-14 06:34
■ パシリーさんっっっ、こんばんは!
わぁ~~、本当にお久しぶりです~~!お元気ですか~~?
セロファン、こちらにも売ってるんですね!
この記事のコメントを書きながら、そうか!お花屋さんで使うんだった!とちらりと思ったりもしましたが…。
文房具屋さんって、我が家のそばにはほとんどないのですが、個人商店だったらあるのかしら?文房具屋で買うフランス人はセロファンをどのように使うのかしら?工作?疑問です。(笑)
by exmouthcoco | 2012-06-29 06:23 | 食べること、大好き♪ | Comments(28)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco