フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

スケルトンになっていく… その続きの続き

屋根裏部屋へ続く階段を撤去していたのが前回のエントリーでしたが…
気付いたら、下の階段も撤去されてました。
b0069848_6432393.jpg
いつの間に…。
見えますか?二つの階段の跡…。
b0069848_6452244.jpg
ダンスしてるみたいですが…壊してます。(笑)
↑ 本人も、この写真を見て笑って、ダンスしてました。

…ということは、浴室の床(=1階部分キッチンの天井)も?
これも撤去済みです。
そうしたら、こんなに…高い。
b0069848_648821.jpg
ここまで開放感を味わってしまうと、このまま吹き抜けを楽しむのもいいんじゃないかと思ってしまうけれど…ダメダメ!その分、暖かい空気が上に逃げてしまうもの~~。浴室も必要だしね。
b0069848_6553189.jpg
見上げると巨大な空間ですが、実はそんなに広いわけでは…。
ここは昔のボロ家のキッチンだったところ。
左側にこの時に出てきたパン焼き窯があって、
b0069848_723749.jpg
その上には、この時に作業した窓があります。
b0069848_792920.jpg
撤去した煙突の跡を見ていると、この家の歴史もちょっとわかるような…。
煙突から斜めに直線に降りてきた先がパン焼き窯へと続いている…。
パン焼き窯のほうが古く、それが封印されてから暖炉が作られた模様。

b0069848_7142432.jpg
そうしてる間に、階段も撤去完了。
このガレキを片付けたら、こんなものがでてきました。
b0069848_715276.jpg
うーーん、やっぱりね、という感じ。
キレイに埋められた床。
どうやら、ここは下にあるcaveへの入り口だったよう。
このcaveの内部はこの記事で紹介していますが、すでにこのcaveの形が出来た頃には、
上の写真の入り口は封印された模様。
なにしろ、caveの内側からはそれが見えないんです。
いつか、caveの天井をキレイに修復する時、その真相がわかるのでしょうね。
b0069848_7213099.jpg
さて…キャプテン、上の階で何かやっています。
長くなるので、次回に続きます。
[PR]
by exmouthcoco | 2012-02-05 07:28 | 我が家のリフォームとDIY

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco