フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

サッシの取り付け準備 その2

前回、壁に開けた穴から出てきたものは、古い木材でした。
b0069848_520561.jpg
なぜここに?と思うでしょう?
実はこの木材の下には、昔、ドアがあったらしく、
以前のこの家の持ち主のおじさんは 例のごとく、開口部を塞ぐと同時に、木材もそのままセメントで塞いでしまったのでした。

さて…この木材のために大仕事です。要は、この一本の木材を壁から抜くだけなんですが…。
外側から穴を開けて抜くのは非常に危険。
というのも、外側の石壁でかろうじて上の壁を支えていて、かなりの圧力がかかっている様子。
となると、内側から抜く…か。
あぁ~~、これがなければ着々と進むのにぃ!!
b0069848_5341328.jpg
しつこく書きますが、この一本の木材のために、天井(2階部分の床)を一部壊しましたよ。
(↑ 隠れている木材と、同じ高さだったんですねー・涙)
b0069848_5425511.jpg
これが憎き木材です。
壁が崩れないように注意しながら、慎重に木材を抜くキャプテン。
b0069848_544588.jpg
気をつけて~~~。

さて、無事に抜けた後は、すかさず石を埋めてセメントで固めます。
b0069848_545523.jpg
ほっ。これで一安心。

無駄な仕事を終えた後、また元の作業に戻ります。
b0069848_5482152.jpg
正面をいよいよ開けていきます。ドアの上にあった木材を取り外して…
b0069848_551180.jpg
段々と開いていくのと同時に、ちょっとドキドキ…。落っこちてこないよね?
b0069848_5524378.jpg

最後にこの木材を抜いたら、2階の床が丸見えです。
b0069848_5534963.jpg

さて…この後、大きな鉄の芯を入れる作業が待ってます。
実際は、すぐに作業したんですけどね…。
長くなりそうなので、また次回に。
b0069848_5551041.jpg

[PR]
by exmouthcoco | 2011-11-05 05:58 | 我が家のリフォームとDIY

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco