フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

新年早々、お客様・・・

がやってきました。

2年ぶりの再会で、今回はお子様連れです。夫のお友達一家。

アペリティフのお供に、ソーシッソン、コーンチップス、柿の種(コレはえらく気に入ってました。)、そして、パン・シュープリーズをだしました。
b0069848_22173410.jpg

中央に見えるのが、パン・シュープリーズ。「ビックリ!パン」とでも言うのかな。
中はこうなってます。
b0069848_22213940.jpg

いわゆるサンドイッチですね、はい。ハムやパテ、トマトクリームとかチーズなど、いろいろなサンドイッチが入ってます。

テーブルに移って、前菜はたくさんの牡蠣。
この家族はボルドー近くのアルカッションという牡蠣で有名な所に住んでいて、2歳の子供も生牡蠣が大好き♪子供なのに渋いな~~と思ってしまった。

その後は、サーモンの巻き寿司、揚げビーフンのサラダ、そしてメインはsanglier(イノシシ)のロースト・ポテト添え。
出来上がりの写真を撮るのを忘れました。食べかけですが・・・
b0069848_2229468.jpg



最後は、デザートにココナッツのフランを作りました。
b0069848_22443546.jpg

これは、夫のお姉さんからのレシピ。実家の父親が、お姉さんの家に行った時に、このケーキをえらく気に入り、「自分で作る!」とレシピをもらってきたもの。果たしてその後、作ったのかな?

その後コーヒーで締めて、今日は終わり。
人が来ると、だいたい食事が終わるのが深夜0時を過ぎることが多いものの、今回は子供がいるので、早々に10時ごろにはお開きとなった。

人が帰ってからが、我が家は大変!土足スペースのタピ(じゅうたん)は無視され、靴を履いても家中歩かれるので(ここが日本人とは違う所だな)、家中を大掃除。
夜中だろうが、床をキレイに磨いてからでないと眠れないのだ・・・。

遅くまで頑張ってくれる食器洗い機さんにあらためて感謝!




[材料] 
練乳 400g
高脂肪乳 400g
卵 3個
ココナッツ 125g
キャラメルソース
(砂糖120g+熱湯40g)

[準備]
・キャラメルを作る。小鍋に砂糖を入れて弱~中火にかけ、木べらで混ぜながら焦がす。砂糖が溶けて細かな泡がワ~~~っと湧いてきたらすぐ火を止めて、熱湯を少しずつ入れる。(やけどしないようにね)。
温かいうちに型に入れておく。(全量ではないので、余りはプリンや紅茶などに使ってください)

[作り方]
・ボウルに練乳を入れて、同量の牛乳を加えて混ぜる。
・卵黄、ココナッツを加え、混ぜる。
・別のボウルに卵白を泡立て、硬いメレンゲを作る。
・2つをさっくりと混ぜ、キャラメルをひいた型に入れて、湯煎にかけてオーブンで焼く。
180℃で約40分。
・粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

*型は、今回エンゼル型を使いましたが、底の抜けない20cmくらいのケーキ型(マンケ型)がいいようです。エンゼル型だと、高さが出るので、その分ココナッツが上に浮き上がってしまうカンジでしたので、幅広い型のほうがいいみたいです。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/1632506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by exmouthcoco | 2005-01-05 22:42 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(0)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco