フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

屋根の葺き替え 24日目

気づいたら4月ももう半ば。
遠い東の国から桜の便りもちらほら届いていたけれど、
我が家の裏のおばあさんのお庭では「サクラんぼ」の花が満開。
b0069848_7114758.jpg
この大きな木にはたくさんの実をつけるんだけど、全部鳥に食べられてしまうそう。
もったいないなぁ…。

さて、写真にあるのは、小さな煙突の脇の壁。
ここの上に瓦を乗せて、壁のダメージを防ぐ。
この後に、もう1段小さな瓦たちが待機している。

瓦と言っても、いろいろ種類があるのだけれど、この辺りで使われているのは平らな瓦。
凹凸を組み合わせて乗せるものに比べて、角度や乗せ方に結構テクニックが要る。
きちんと機能していないと下に漏れることになるのでかなりデリケートな素材でもあったりする。

b0069848_7125671.jpg
大きな煙突のほうも同様に瓦を乗せる。
結構高い所での作業、キャプテン、大丈夫かっ?

b0069848_7132657.jpg
そして、なんとなくこんな感じに…。
元々はこういう煙突だったのだろう。
時の経過と共に崩れてしまっていて、手をつけたときには瓦もボロボロだったから…。

古い煙突を分解して、新しいものを中に入れ、また古いもので装飾する。
こうやって古い街並みの保存に私たちも参加できる喜び。
…というか、これが私たちに課せられた使命なのかもしれないなぁ。

今回手をつけてるのは、4年半前に施した母屋の裏側。
ちょうど、この裏のボロ家とのつなぎ目にあたり、この一部の壁に瓦が食い込むようになる…んだけど、
その前に前回やった部分に手を加えたいようで、せっかく並べた瓦を外しております。うぅぅっ。
b0069848_718027.jpg
でも、雨漏りもなく、かぶせたシートも、細い横木も乾いた状態で一安心。

b0069848_723501.jpg
前回、ここから落ちたのよね。気をつけてね、キャプテン。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-04-14 07:27 | 我が家のリフォームとDIY

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco