フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

ミカ姫、シャトーに泊まる

久しぶりの更新です。
友人家族と、我が家で楽しい週末を過ごしていました…。


さてさて、先月の話となりますが、フランス滞在中だった父とその仲間たちの旅行記、
最後は番外編です。

ミカとニコラは家でお留守番。私のほうは、父ご一行とパリ見物に行ってました。
b0069848_530063.jpg
ある時はヴェルサイユへ。
宮殿の中に入ったのは初めて。
いただいたパンフレットに書かれていた城内の案内図が結構小さくて…
自分がどこにいるんだかいまいちわからなくなってしまった。(汗)
すかさず、セキュリティーの方に聞いたら、すぐに教えてもらえたけれど、
それを見ていた他の人たちも次々と同じ質問を…。やっぱりわかりづらいよね。
b0069848_531794.jpg
ヴェルサイユと言えば、「鏡の間」。
ひねくれてる私はパンフレットと同じような写真がイヤで、天井を見上げて撮ってみました。
「鏡の間の、シャンデリアを下から見上げる、の図」 花火みたいでしょう?


ある時は、パリへ。
b0069848_5315910.jpg
セーヌ河からパリの街を眺める。
やっぱりキレイだなぁ、パリは。
クルーズ船での1時間のツアー、みんなに好評でした。


ご一行のフランス旅行のハイライト?として、うちの隣村にあるシャトーホテルに泊まることに急遽決定。ここからが、タイルとにあるように「ミカもこのシャトーに泊まる」ことになったわけです。
b0069848_5323864.jpg
こちらが、シャトーの裏側。
今回、裏のお庭に面したほうのお部屋にしました。

どの部屋も少しずつ、内装が違いました。
b0069848_5332066.jpg
私たちの部屋は、どことなくサーカス風?(笑)
b0069848_5334879.jpg
ねぇ、ここはどこ?ウチと違うねぇ…。

b0069848_5341580.jpg
ミカもキレイなお庭にうっとり…。水辺にいた鳥たちに興味津々。じーーーっと見つめていました。

b0069848_5344210.jpg
ここでも犬は問題なくお泊りOK。追加料金もありませんでした。
フランスってつくづく犬にやさしい社会だなぁ、と。

b0069848_5355098.jpg
夜はこの一段上がったスペース、カーテンの向こうでミカはお休みです。
こうやって見ると、お姫さまみたいよ、ミカ。 ちょっと不細工だけど。(笑)

夜中の3時。ミカがもぞもぞ動き始めた。
あ!トイレの合図。
普段なら、庭に出してトイレをするところだけど、ここはホテル。
ペットシーツとかには慣れていないので、迷わず外に連れて行くことに。

一応、着替えて、眠い目をこすりながら、エレベーターで下へ。
フロントデスクには、ものすごくキッチリした印象のおじさんが座っていらっしゃる。

なんだか出づらい雰囲気。外に出たら何か言われるかな、と思いつつ…
「Bonsoir.」と、作り笑顔でミカを抱えながら、外に出ようと扉のほうへ向かったら、


「Madame…」

と、呼びかけられるではないか。

え?何か…悪いことしたかな?やっぱり、一人で外に出ちゃダメとか言われるかな、
でも、ミカのおしっこが漏れちゃうよ、とか思いつつ…

「Madame, あの…」  

と、言いながら、カウンターを出て私たちのほうへ近づいてくる。

え?何だろう?もじもじして何だか言いにくそう。
後ろ、シャツが出てます、とか、何か言われるかな、と思ったら…



「ワンちゃん、なでなでしていいですか?」


「は?」



と、思わず口に出してしまいましたよ。
だって、怖そうでは決してないものの、かなり事務的な雰囲気の人だったんだもの。

もちろんです、とも言いたかったけれど、ミカが漏らしても困るので、
ちょっとだけなでなでしてもらって外に出たのでした。あぁ、びっくりした。

外に出た途端にトイレを済ませたミカ。我慢してたんだね、やっぱり…。
ホテルの中に戻ったら、さっきのおじさま、早々に業務に戻ってました。


お楽しみな朝食の時間!ブッフェスタイルです。
b0069848_5384581.jpg
ペストリーも全部おいしかた!写真にはないけれど、紅茶もMariage Frères マリアージュ・フレールのティーバッグがずらりと箱に入ってました。全部試してみたいっ!
b0069848_422388.jpg
ちなみに、朝食を摂ったところはこんな感じ。
お城の脇の塔の部分で、丸いスペースでした
優雅な気分で、ゆったりとおいしくいただきました。

バターをブッフェ台から持ってきたものの、一人で使うには多すぎて、
結局、ニコラと半分ずつ使って余ってしまったもの。
b0069848_5253941.jpg
持ち帰ってきて、よく見たら…あの、前回話題にした ボルディエのバター でした。
(写真上は、サン・マロで買ってきた海草入りバター。)
こんな田舎で、しかも、自分の家からすぐ近くのところでこのバターに遭遇するなんて…
ちょっと驚いた休日でした。

Château d'Ermenonville

これで旅行記は終わり。
次回からはまた日常の記事に戻りま~す。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/12372852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きんたろう at 2009-11-23 10:23 x
cocoさん こんにちは。
Mikaわん シャトーホテルデビューって、もう、羨ましすぎますよ~。
出窓?の高さが調度いい感じですね。ニコさん、何故に正座?
お庭や水鳥をジーっと見つめるMikaわんの耳は、裏返ってるのでしょうか?(そう、見えるだけかな?)

そして、さすが~の朝食ですね!
食べてみたい~
超高級ホテルには、縁のない我々ですが、一度位泊まってみたいわ。


お犬様天国・・・フランス
フランスに住むなら人間より犬がいいかも?
Commented by kate713 at 2009-11-23 20:41
cocoさんこんばんは♪
素敵なパリ旅行をされてたんですね!
セーヌ河から見たパリの風景には溜息が出そう・・・。
そしてシャトーに泊まるなんて夢のまた夢。。。
素敵なお部屋とお部屋からの景色も信じられないくらい綺麗!
ミカちゃんをなででくれた真面目そうなおじさまを想像してくすっと来ました。^^
フランでは犬に優しいって聞くけれど本当なんですねっ。
Commented by woodstove at 2009-11-23 20:50
cocoさん こん**は~。。。
ほんとにワンコに優しいお国ですねえ。
ミカさんもお漏らしせずお行儀がいいですねえ。
それにしてもゴージャスな朝食ですねえ。
フランスに滞在している実感が伝わってきましたよ。。。いいなあ。^^;
Commented by Saori at 2009-11-23 22:33 x
本当フランスってわんこちゃんにはとってもすみやすい国だよね。
みんな優しくて、こんな素敵なホテルにも一緒に泊まれちゃうなんて。
でもそれもちゃんと飼い主が躾もしているし、わんこちゃんたちもきちんとしているから出来る技よね。

ホテルの朝ごはん、大好きなんだけど、ここのはすごく美味しそう~食べてみたいわ、、、

そういえばベルサイユ宮殿の鏡の間って幽霊が出るって聞いた事があるけど、本当なのかしら、、、>怖がりなくせに怖い話大好きなの(笑)
Commented by Aco at 2009-11-23 23:15 x
いやー素敵!素敵ですねー!
こういう古いお城(シャトーって・・・お屋敷?)が残っていて、しかも泊まれるのが石造りの家の国のいいところですよね。
日本の木造のお城は貴重すぎて泊まれるとこなんかないですもんね・・・大名屋敷とか残ってたら是非泊まりたいですけど(笑)

しかもわんちゃんと泊まれるなんて本当に大らかでいいですねー。
Commented by horaice at 2009-11-23 23:46
フランスっていいですね~☆
こういうところ、ホテルで泊まれるなんて、素敵!!
眺めがいいですね~♪ 朝食も美味しそう♪♪♪
ところでミカ姫!かなり大きくなられました???
写真とムービーでしか見たことないですが、前はもっと小さかったようなきがしました。
Commented by kanafr at 2009-11-24 05:23
ワォーッ!今まで日本からの友人知人を連れて何回も行ったヴェルサイユですが、この角度からのシャンデリア初めてです。ホント!花火みたい。
絶対今度行った時試してみます。
ミカ姫ちょっと緊張気味のお顔が可愛い!!
なんか天蓋つきベッドに眠る姫って感じですね。
Commented by anrianan at 2009-11-24 10:23
いつもの田舎のフランス暮らしも大好きだけど、やっぱり都会のフランスも素敵だわぁ~!
日本でも東京駅近辺が新しくなって、一角はヨーロピアンの雰囲気を醸し出している素敵な所もあるの。でも、東京はやっぱり人が多すぎるわね・・・・。ヨーロッパの都会は、自然がまだ残されていて上手に融合されてされているように感じるんだけど・・・・・、行ったことがない者の欲目かしら。(^_^;)
ミカちゃんの横にねっ転がって眺めているニコラさん、ほんとに愛おしそうな目をしているね。(笑) cocoさんとムッシューのやり取りにも大笑い。フランスではホントにワンコたちに人間が癒されているのねぇ・・・・・、分かるわぁ。
素敵なホテルね。シャトーに泊まれるなんて、日本では無いもの。
マリアージュは私も大好き! きっとそこにいたら、1パックずつ貰ってきちゃったかも。・・・・(こういう所は田舎もんよねぇ)(-_-;) ハンセイ
Commented by akiko_tp at 2009-11-24 17:46
シャトーでこんなベッドスペース、ホントに「姫」ですね♪
こういう感じのお城、南の方ではほとんど見ないです。
やはり北フランス特有なんでしょうか??

旦那さんとミカちゃん、ラブラブショット多数ですね~

Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 06:20
■ きんたろうサン、こんばんは!
私たちも機会があったら泊まってみたいと思っていたのですよ~。
人を案内することもあるのですが、自分たちの目で確かめたいと言うか…。
ミカはまさにいいタイミングでシャトーデビューですよね。

正座してるの、きっと受け狙いです。(笑)
ミカも礼儀正しくしてますよ~って言いたいのか…。
耳はねぇ、あれ、裏返っていないのです。
でも、大きい耳なので、風に吹かれたりするとよくめくれてます。
本人、あまり気にならないみたいだけど。
ジャンプするときとか、大きな耳が左右に広がってダンボみたいになるんですよ。

本当、きんたろうサンの言うとおり!
フランスに住むなら犬のほうがいいかもしれませんね。
Commented by l-instant at 2009-11-25 06:31
cocoちゃん、メールありがとう!

あれー これ私たちの新婚旅行のホテル(爆)だわ。
日本で言うと熱海一泊って感じでしょうか、
しかも夕方に着いて早朝に帰るなんてもったいないよねぇー、
あーそれも、もう9年も前(遠い目...)、
あの時はもっとイケてなくて、朝食もこんなのだったけ???
紅茶はフツーのリプ○ンのパックだったような?内装も綺麗になっているようだし、ディレクションが変わったのかなー

懐かしく眺めてみました。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 06:35
■ kateさん、こんばんはーーっ。
パリはそんなに遠くはないのですが、私の住んでいる所があまりにも田舎なので、大都会のパリは別世界。
「町のねずみ、田舎のねずみ」の物語を思い出します。
時々、パリに出かけるのですが、何かと用がある場合。
観光ではほとんど出ないので、こうしてあらためて街を見ると本当に美しいです。

シャトーホテルのある隣村は、郵便局も、医者も、パン屋もいつもこの村なので、よく前を通ります。
いつか泊まってみたいと思っていたので、機会があってうれしかったです。
お城の正面側も大きなパークになっていて、こちらもすごく素敵なんですよ~。
レセプションのおじさんには本当にズッコケました。(苦笑)
ビーグルって、こちらではあまり知られていないみたいで、
この犬を連れてるといろんな人に話しかけられます。
気難しい人が多いイメージのフランス人ですが、犬を前にすると顔がほころぶようです。

Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 06:42
■ しょうすけサン、こんばんは!
ホテルに迷惑をかけては申し訳ないので、やはり自宅を離れると緊張しますね。
ミカが粗相をしないかとても心配になるんです。
生真面目そうなおじさんの発言には、本当にずっこけそうでしたけど、
このギャップはなかなか楽しかったです。
ミカもびっくりしてたんじゃないかしら?

朝食くらい、自宅で摂るわい、って思ってたんですが、
これ、実はホテル側がサービスしてくださったんです。
さすがホテル…。自宅とは違って、ゆっくりと優雅にいただきました。
たまにはこんなのもいいものですね。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 06:49
■ Saoriちゃん、こんばんはーーーっ。
犬にとっては居心地いい国みたいだね、フランスって。
もちろん、スーパーとかには入れないんだけど、こうして旅行をする分にはまったくOKで、
飼い主のほうも安心して旅を楽しめます。

躾はねぇ、今、一生懸命頑張ってるところ。
技はできなくてもいいから、必要最低限でも、人間社会に迷惑をかけないようにしつけないとね。

ホテルの朝食、優雅においしくいただきましたよ~。
もっともっと居座っていたい感じ。(笑)
ウチから近いパン屋がこの村にあるんだけど、あのパン屋のものかな~とか、
考えてみたけれど、もっと洗練されてる味なので、どうも違うみたい。やっぱりこの中で焼いてるのかな。

ベルサイユの鏡の間、幽霊が出るの~~?
私も怖い話、怖がりなくせに好きなのよね。
でも、家が築200年ということもあって(お化けは出ないけど)、
一度そういうのがインプットされるといつ思い出すかわからないので、
自主的に耳をふさいでます。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:00
■ Acoさん、こんばんは!
シャトーホテル、いつも通るところなのですが、
日常とはかけ離れて、遠くに旅行したような感覚でした。

確かに、日本のお城って泊まれるところ、ないですね~~。
というか、暖房とかなくて風通しがよすぎて寒そう。(笑)
大名屋敷、私も泊まってみたいもんです、はい!
太鼓、ドンドンたたいて…。

犬連れにはとっても寛容な国で、ペットがいるから旅行できない、と嘆く必要がないんです。
人間にもこの笑顔を向けてもらえるとうれしいんですけどねー。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:07
■ horaiceさん、こんばんは~~☆彡
よく通る道なので、シャトーはいつも気になっていたんです。
以前、知人をこのホテルに案内したこともあって、部屋の中を見学させてもらってはいたんですが、
自分たちも泊まってみたい!と、すぐ近くに住んでいながら、そのチャンスを狙っていました。

ミカ、大きくなったんです!わかりました~?
ちょうど6ヶ月になったのですが、体重が11キロ。(笑)
ビーグルなので体はそんなに大きくはないのですが、筋肉質でがっちりしています。
よく食べるんです!食欲旺盛なので、太らないで欲しいなぁ。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:13
■ kanaさん、こんばんは。
ヴェルサイユには何度も足を運ばれてるんですね~。
何を隠そう、私、中に入るのは初めてでした。
モノを違う角度から見るのって、新鮮ですよね!
花火のようなシャンデリア、これも面白かったです。

あ…わかります?(笑)緊張してるっぽい感じの顔。
レストランに行っても、自宅でないのがわかると、妙に静かになって、こそこそした態度になっています。私たちも自然とささやくように、ミカに話しかけていて、だから余計に「特別」と思ってるのかもしれません。
姫…今日は自分のパニエでお腹丸出しで寝ております。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:22
■ anriさん、こんばんはー。
やっぱり都会もいいよね。
なんか文化の薫りというか、眠っていた五感の一部が刺激される感じ。
田舎暮らしでも、五感いっぱいにいろんなことを肌で感じてるけれど、都会で感じるそれとはちょっと違う。
感覚のアンテナが少しずれてるのかしらね。

シャトーとはいえ、実は普段よく通る場所なので、日常の一部の景色でもあるんだけど、
ホテルの中に入ると、たちまち旅行者気分になりますなぁ。
犬連れといっても、おしゃれな小型犬とは違って、こちらでは猟犬のミカ。
でも、やさしく受け入れてもらって、よかったです、本当。ずっこけたけど。(笑)

マリアージュ・フレール、たくさん種類があったので、あれもこれも味わいたかったなぁ。
サロン・ド・テでお茶してお菓子をいただいて…と、考えたら、このホテルの朝食のほうが安かったりして。
あぁ、また機会があったら行きたいですわー。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:29
■ あっこサン、日本からお帰りなさい!

シャトーでカーテンの裏で自分専用のスペースをもらって寝てる姫、本当に贅沢です。
でも、カーテン生地からして、彼女がいると、なんだかサーカスみたいでしょう?(笑)

南のほうだと、こういうお城は少ないのかしら?
南の方は、一軒一軒が大きいから、私にはそれがお屋敷に感じられて、まさにシャトーというイメージだけれど。
記事には載せてないけれど、思想家「ジャン・ジャック・ルソー」が終盤を過ごした所でもあるんですって。
この景色を見てたのねーって、彼のことを詳しいわけでもないくせに、考えてみたりして。(苦笑)

ミカとニコラ、本当に仲良しなので、私の入る隙間はございません。(笑)
本当、ラブショット多いよねぇ。以前は、ミカの場所に私がいたのに…。
Commented by exmouthcoco at 2009-11-25 07:35
■ るみちゃん、こんばんは。
電話、くれてたのね。いつも気づかなくてごめん!

そうそう、ここ、ハネムーンに来たんだったよね!
熱海一泊って…。(笑)
でも、私たちなんて、それすらないんだから、いいじゃない。

以前、中庭に面したほうの部屋を見せてもらったことがあるんだけど、
そちらのほうがもうちょっと安かったんだけど、部屋がもっと立派だったような。
今回の部屋は景色代かな。

朝食、とってもよかったの。これだけでも行きたい感じ。
↑いや、絶対に行くことはないだろう!(笑)

るみちゃんたちも機会があったら、懐かしさを噛み締めて是非もう一度。(笑)
いやいや、こちらに来たなら、ニコココ・タラソへどうぞ!
いつでもお待ちしています!
Commented by echalotes at 2009-11-25 17:49
おはよう、COCO姫!朝のお散歩から帰ってきたところです。寒い、寒い。ミカは、姫と言うより、女王のような品格、風格がありますね~♪ 短期間にずいぶん大きくなった気がする!

カシューはね、散歩のときにおしっこをしてくれるようになったから、家の中ではしないのよ。1歳過ぎた頃からずいぶんおりこうさんになってくれました。寒い夜は、1,2分くらい外にいれば、おしっこしてくれるので大助かり。本人も寒いんだよね、きっと。少し前からは女の子なのに男の子スタイルでピピをすることがよくあって、一度は「カシュー!お尻から木に登るの?」ってな格好をしてました。マーキングだね。ミカ姫もそんなことあるかな。

「ミカに早く会いたいから、早く元気になってよ!」ってカシューに言われましたー。「もうちょっと地毛が伸びたらね」って答えておきました。^_^*)
Commented by exmouthcoco at 2009-11-27 06:33
■ リンゴ姫とカシュー姫、こんばんはー。
毎日、朝はお散歩に出かけるんだね。我が家の場合、外出といえば「森の散歩=きのこ狩り」という図です。そろそろキノコも終わりだけどね。

朝晩、本当に冷え込んできたね。
何を隠そう、ミカもトイレ=庭なので、家の中ではおしっこしないんです。
外の散歩に出かけても、ほとんどしないのよ。彼女の頭の中は「お散歩≠トイレ」みたい。庭に出るとすぐするんだけどねー。
最近は寒いこともあって、特に雨が降るとなかなか外に出たがらないよ。
マーキングはしないなぁ。(笑)
ただ、生後6ヶ月になって、そろそろ女の子になるかな、という予感。
裏の犬(♂)と遊ぶことが多いから気をつけないとね。

カシューとミカが初めて会うときってどんなだろう?
カシューにイヤ!って吠えられないように、ミカもいい子になれるように特訓しないと。仲良くなれるといいね!
by exmouthcoco | 2009-11-23 05:41 | こんな所行った… | Trackback | Comments(22)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco