フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

そろそろ冬支度

9月に入ってから朝晩冷え込んできて、あぁ、秋が来たなぁと思うと同時に、寒くて暗い冬が近づいてきたような気がしてちょっと哀しくなる。

借りている畑のトマトはもう終わりに近いけれど、我が家の庭の壁沿いに植えてあるトマトはまだまだ青いものも多くて、このまま赤くならずに枯れちゃうのかな?とちょっと不安に思ったりして。
b0069848_5371311.jpg
もちろん、完熟したトマトから順に、我が家の食卓には上っているのだけれど、
全てのトマトが食べ終わってから、完全に秋になってくださいねー。

ところで、薪ストーブを作っていらっしゃる、ブログ仲間の三河屋しょうすけサンも、薪の話題に触れてましたが…。私も今回は薪の話題を。

実はまだ8月の暑い最中、我が家ではもう冬支度を始めていたのでした…。

薪を売ってる人は何人か知ってるんだけど、今回頼んだのは畑仲間の木こり Didier。
注文した薪は、10stères (ステアー)分。ちなみに、1ステアーは約1㎥。
我が家の中庭にトラックやトラクターが入って来れないので、仕方なく道に山積み。
しばらく道路封鎖状態デス。
b0069848_539351.jpg
たいていは暖炉の大きさに合わせて50cmで注文することが多いみたいだけれど、
我が家の場合、1mでお願いした。
1mのほうが単価が若干安いのと、薪をストックしておくのにコンパクトに積める、というDidierのアドバイスから。
使う分だけ、ある程度まとめてチェーンソーで切断。
でもさすがに、1本でも重い重い!

2メートルの高さの、5メートルの長さの薪の壁。もちろん、厚みは1メートル。
b0069848_540067.jpg
多少、他の種類も混ざってるけれど、ほとんどがchêne(いわゆる樫やナラ、柏、オークなど…)と言われる、ずっしり重くて火持ちのいい薪。

実はこの裏側には、春先に木こりとなった時に切断した薪の山が…。
b0069848_5402198.jpg
こちらは軽くて商品価値のない木なんだけど、無料ですからっ。
火付きがいいので、焚きつけ用、またはBBQに使う予定。

そんなわけで、我が家の冬支度、少しずつ始まっております。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/11968797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by woodstove at 2009-09-20 08:20
cocoさん こんにちは~。。。
 お宝の山! しっかりと拝ませていただきました。
ボクもcocoさんに負けないぐらいの薪をストックしております。
だけど年々暖冬傾向にあり、薪の消費量が減っております。
もう少し寒い場所に引っ越しを考えております。。。^^;
Commented by societebonne at 2009-09-20 13:34
いつ見ても、ワイルドなNico&Coco宅!
しかし、太る暇ないよねえ=と、この映像を見て感じました。
やっぱり日本人は、自分の体を動かさずに日々を過ごすために
いろいろなものを発達させたのかも……。
そして、私はどんどんその恩恵に授かって大きなる(笑)。

これ、道路から中庭まで、運んだら私1週間はぼろぼろだと思うわ。
いいダイエットになること間違いなし! 話が完全にそれてますね……。
Commented by momimam at 2009-09-20 17:03 x
凄すぎ!!  完全に 道路閉鎖・・・ オディルさんちの方まで  サラも びっくりでしょう。
木材 重いのよね~!! ユンボが欲しくなっちゃうね。
見ただけで、腕が 萎えてしまいそう。
何度か運んだ時のことを思い出しています。  道路 開通させるのに 大急ぎ! 大変だったでしょうね。若さと がんばり!!  ますます逞しくなるね。

樵さん とっても おだやかで優しい おじさんで、とっても仲の良いご家族でしたね。お孫ちゃんも かわいかった!
奥さんのケガ なおったかしら?  


Commented by echalotes at 2009-09-20 19:20
coco姫、こんにちは。そちらも、やっぱり秋の到来とともに、冬を思って準備開始ですね。でも、トマトはまだまだおいしそう!薪運び、楽しいけど、大変だ~。ディアーブルとか使ってる?ミカちゃんも手伝ってるかしら。。。薪は彼女の口には、大きすぎるわねww。
外は寒くても、暖炉を囲んでみんなが笑顔で楽しい冬の日が目に浮かぶ~♪♪
Commented by Saori at 2009-09-20 23:47 x
もう冬支度の話なんだねえ、、、
なんだかまだまだ夏が名残惜しく感じているけど、気候は確実に秋・・・
朝晩大分冷え込むようになってきたよね。
我が家のトマトもまだ青いものが結構残っているの。
このままダメになっちゃうのかなあ、、、
青いトマト、フライングトマトって言ってフライにして食べたりできるらしいから、もしももうギリギリ駄目かも、、、ってなったらそうやって食べる方法もあるよ!
この薪の山、春になったらきれいさっぱり使い切ってなくなるものなの?
Commented by exmouthcoco at 2009-09-21 15:43
■ しょうすけサン、こんにちは!
お取り寄せの薪に比べたら…お宝とは言えないものですが、やっぱり冬は必需品ですね。
重油の値段の変動が激しかったり、電気やガス代も信じられないくらい急に値上がりしたりするこの国では、エネルギー危機に備えて、薪も蓄えておかないと、と常に思います。
そうか…やはり温暖化の影響って、こうして実際の生活にも少しずつ現れてるんですね。
薪の消費量が減るのはうれしいことだけど、複雑…。
もう過ぎてしまった冬は、私が日本にいる間にマイナス16度くらいに下がったようで、あぁ、記録的な寒さを体験できなかった!とちょっと悔しくも思ったりします。
でも、これから迎える冬には、ちょっとお手柔らかに!と言いたいですけどね。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-21 15:56
■ societebonneのカトウさん、こんにちは。
都会のお洒落な生活からしたら、田舎の生活って本当に土臭いというか、ワイルドよね。(笑)
常に動き回ってないといけないから、確かに毎日エクササイズかも。
でもね、やっぱり年齢には勝てず、同じ仕事量をしてるはずなのに、
以前に比べて、2人ともなんだかお腹周りがポヨンポヨンしてきました。

大量の薪を道路から敷地内に運ぶの、それはそれは大変だったの。
それをさらに積み上げるわけだからね~~。
キレイなまっすぐな薪だけだといいんだけど、自然が作り出すものって…やっぱり曲線もあるわけで。
半分の長さだったら、まぁ積みやすいのかな、とも思うけどね。

ストックが多いということは、心が豊かになることでもあったりします。
これで、心も体も温かい冬が越せるかな~。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-21 16:01
■ momimamさん、こんにちは!
去年も道路完全封鎖状態だったんだけど、この半分の量だったので…。
薪の値段も年々上がるようだし、庭もできてストックする場所もあるので、
これからのことも考えて10立方メートル頼みました。

薪を下ろすとき、ものすごい振動で、Odileもびっくりして出てきました。
あらかじめ伝えておいたんだけどね。
彼女の家の入り口をふさいだので、Odileが、「じゃぁ、ここからこっちは持ってっていいのね」と、冗談を。
彼女の家は薪を使わないんだった。煙突はあるのに。

木こりのDidier、いつも何かと助けてくれるのでありがたいです。
奥さんの怪我、大分よくなって、普通に歩けるみたい。
娘夫婦の赤ちゃん、「ナタン」は、隣町に引っ越すらしいですよ。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-21 16:08
■ リンゴ姫、おはよう~~。
9月って、日本だとまだまだ残暑が厳しくて夏の延長って感じだったけど、
フランスではすっかり秋!だよね。
庭のトマトは病気にもならずに、ツヤツヤでおいしい実をつけてくれてるんだけど、
全部のトマトが真っ赤っ赤になるには一体、何日間、お天道様が必要なんだろうか?
私も先日、トマト・モツァレラ・バジリックのサラダ、食べたよ~~。
リンゴ姫のところのように、おいしいおいしいモツァレラじゃないけれど、他の脇役たちも名演技で、おいしかった!

薪運び、体力勝負だよね。ディアーブル、使ってるよ~~。
でもね、我が家への入り口って、ボコボコの石畳なので、運転技術がちょっと難しい。(笑)
ミカは邪魔しないと言う意味で、手伝ってくれました。
その日は裏のおばさんに頼んで、ジョーと遊んでもらってたの。

寒くて暗い冬だけど、暖炉で火を囲む愉しみって、ちょっとしたご褒美かもね。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-21 16:21
■ Saoriちゃん、おはよう!
Saoriちゃんのところも、青いトマトが残ってるんだ~。
ウチの場合、残ってるというより、まだまだ青い!(笑)
種まきしたのは3月なんだけど、遅かったみたい。
来年は2月に種まきして、それとは別に苗を購入しようと思ってるよ。
青いトマトの使い方、たまに見かけるね。
確かに、ダメかと思ってるのにこうして利用できるとうれしいかも。
でもでも!なんとか赤くて甘いトマトに変身してもらいたいな~~。
もうちょっとお天道様に頑張ってもらわなきゃ。

薪のストック…これで一冬ではないの。
もちろん、暖炉の作りや大きさによって、消費量って違ってくるものなのだけど、
我が家の場合、昔ながらの開いた暖炉なので、流行のガラス戸つきのものに比べて薪の消費量が多いのは確か。
目安としては、今回頼んだ薪の半分と、無料でもらった薪を混ぜて一冬という感じかな。
来年はさらに5㎥頼んで…と、常にストックが5㎥あるようにを心がけてます。
電気だと、こんな心配は要らないんだけどね。(^^ゞ

薪を切って・運んで・火をつける。これで3回体が温まるらしいです。なるほど。
Commented by heno at 2009-09-24 05:17 x
お久しぶりです!
この間もわんちゃんたちの動画に最後の写真までた〜っぷりと堪能させて頂きました。ごちそうさまです☆
ところで、ハマム、すごい! うちの旦那さんもブリコラージュ好きでこれ見て『すごい!いいなー。やりたい!』って言ってましたー。うちはMontreuilの小さな家なので無理。羨ましい。
暖炉そちらでは使うんですねー。うちもあるけど、、、しないなー
かんなり煙たくないですか?? きのこの達人、いいですね〜
うちの旦那さんもブルターニュの友人の森ではあの高いきのこを大量に採取してきて全部茹でで冷凍保存してました。でも、パリから近いところの森でとれるなんて。。。 う〜ん。やっぱり達人ですね。
Commented by anrianan at 2009-09-24 15:56
cocoさん、こんにちは~!
特派員の記事も読みましたよ。覚えています、このキノコの話!
コケ好きというフレーズが私の中に入り込み、それ以来、コケを見るとcocoさんを思い出す私です。
ところで薪ネタも身近な感じです。なんせスコットランドでは薪ストーブだったし、現在は両親が薪ストーブを使っているし。ですが、1mの薪は見たことないなぁ! それは大陸サイズですね。東北ではどこでも薪ストーブなのかどうか知りませんが、薪を買っていたら、かなりの出費だろうなぁ、と思います。いや、ウチの父もビニールハウスに山盛りの長い薪枝が積まれているから、もしかしたら長い薪枝を買っている? (真相は確かめていません) それを機械のチェーンでガーッと伐っています。手間はかかるけど、やっぱり灯油ストーブなどよりも断然薪ストーブの方が体に優しい感じがしますね。空気の匂いも熱の出方も。
ウチの方も段々寒くなってきているけど、ミニトマトはまだガンバッて少しずつ赤くなっています。昨年は2月にも実を付けていたから(固かったけど)、今年もそのまま放置してみようと思います。でも、青いトマトを天ぷらにしても美味しかったよ!
Commented by momimam at 2009-09-26 18:29 x
博多の 加〇ちゃんから 早速 街なかに配布してある HORLD JC
getしてきたよと メールがはいりました。 とっても すごいことね。
こんな機会、滅多にないRUCKYなことだわ。
東京だと なおよかったのにと おもったわ。

いよいよ オーパたちも 三週間だわ。
私も MIKAに会いについて行きたいわ。

先日藤岡にいったら 東京暖炉というお店の前を通過しました。
何種類か見えたわ。 いいな! でも 火の番、何やかや とんでもなく大変だ!って ・・・・即 夢が消えた。 そちらで 楽しませていただくわ。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-27 16:00
■ henoさん、おはようございます!
コメントの返事が遅くなってごめんなさい~。

ハマム、実は未完成ながらもう稼動しています。
お試しを兼ねてるんですが、なんだかんだと4日間。
まずまず…かな?と言っても、本物のハマムは未経験なんですけど。

暖炉は今流行のinsertというタイプ(ガラス戸があって、密閉性のあるもの)は、
煙らないし、薪の持ちも格段に良くて、とっても暖かくていいそうですよ。
でも、ガラス戸がどうしても真っ黒になって炎が見えないことが多いような。
そんな訳もあって、我が家は昔ながらの、開いたタイプにこだわってます。
確かに、その日のコンディションによって煙ったり、そうでなかったり…奥が深いです。

パリ近郊の森でもかなりキノコは採れるようです。
昨日も森の散歩に行きましたが、パリや近郊の県のナンバーばかり。
でも最近、雨がほとんど降らないこともあって、今年はこの辺りはキノコはないようです。(涙)
Commented by exmouthcoco at 2009-09-27 16:08
■ anriさん、こんにちはー。
すっかり返事が遅くなってごめんなさい。ボルドーから親戚が来ていて、何かと忙しくしています。

特派員の記事、読んでくださったのね。うれしいわ。
確か、このキノコ探しは去年の今頃の時期だったんだけど、今年は雨が全然降らなくて大地もカラカラ。
キノコ狩りは難しい年のようです。残念。

薪はたくさんあるとなんだか豊かな気分になれるのよね。
これで温かい冬が越せるという安堵感もあるのかな。
薪を使うと3回体が暖まるんだそうですよ。
薪を作るまで(伐採と薪割り)に1回、運んで1回、そして燃やして3回目。
大昔に比べたら現代の冬の気温は暖かいはずよね。
いろんな面で、昔の人には本当に頭が下がります。

気温はそんなには上がらないけれど、毎日晴天続きで、トマトもだんだん赤くなってきました。
確かにね!青いトマトの天ぷら、おいしそう!
青いままだったら挑戦してみまーす。
Commented by exmouthcoco at 2009-09-27 16:22
■ momimamさん、こんにちは!
昨日は電話のあと、森の散歩に行ってきました。
飛行機事故のあったところ。あの森での散歩はミカは初めてなので、大喜び。
途中、私たちが隠れるとキュンキュン鳴いて探しまくるから可愛い。(笑)

暖炉は今のタイプは昔のに比べたら、熱効率もいいし良さそうだけどな。
そりゃぁ、電気やガスと同じ視点だと手がかかるのは当たり前。
現代の日本人は便利なものに慣れてるからね。お店の人が言うのはありうるかも。
でも、炎には他のものにない温かさがあるよね。
それ以前に、あそこの住宅地で薪ストーブを使うにあたって問題がないのかしらね?

早速の、博多からの連絡、うれしいね。
加○ちゃん、ありがとう。

Commented by nature21-plus at 2009-10-08 20:03
こんにちは&はじめまして…

思わず、「うわっ!」と言いたくなるような宝の山のお写真を拝見して、「これはコメントさせていただかなくては!!。」と…。(笑)

ちなみにこんな↓あそびをしております。
http://nature21.exblog.jp/10934790/#10934790_1

しかし、薪割り、好きです!。
おいしそうな手作りのパンも、スモークサーモンもです!。

出来たら、ニコラさんの「忍耐&テクニックを要する漆喰を塗る作業」のお写真なども拝見できたら嬉しいです。m(_ _)m

お邪魔しました。
Commented by exmouthcoco at 2009-10-10 05:17
■ nature21-plusさん、こんばんは☆
そして、はじめまして!遊びに来てくださったのに、すぐにお返事できずに申し訳ありませんでした。

焚き火小屋の活動、拝見させていただきました。
子供たちにだけでなく、大人にも魅力いっぱい!
リンクされていたヴェロニカさんのところに行って、さらにcookpadのレシピまでたどり着いてしまいました。(食いしん坊なので。笑)

私が一番気になったのは、焚き火小屋の薪の積まれた壁です!素敵!
最近、我が家の裏の家の壁について、「薪を小口に切ってデコレーションしたらステキだろうな」、とオットと話していたところでした。まさにソレだったのでビックリ!

ニコラと私の漆喰作業、すぐにでもアップしたいところなのですが、来客を2件控えていてちょっと多忙な日を過ごしています。ごめんなさい。
落ち着いた頃にでも、ゆっくり更新させてください!
Commented by nature21-plus at 2009-10-10 15:37
丁寧なレスを有難うございます。

>私が一番気になったのは、焚き火小屋の薪の積まれた壁です!素敵!

ありがとうございます。クライミングで出かけたさきで、(とりわけヨーロッパの田舎で…)いつも、軒まで積み上げられた薪積みの美しさに感動していまして…!。(笑)
しかし、じつにこちらは、これ↓に感動です。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/12/48/b0069848_5202671.jpg

おかげさまで、この冬の楽しい遊びが見つかりました。(笑)

>ニコラと私の漆喰作業…
ありがとうございます。楽しみにお待ちします。
ニコラさんの、じつに湛々とした作業ぶりにも感動です。ぜひ宜しくお伝えください。
Commented by exmouthcoco at 2009-10-11 06:56
■ nature21-plusさま、
こちらこそ、ご丁寧にコメントをありがとうございました。

ふふふ…。何の写真かと思ったら、石の床でしたか。(笑)
真っ平らだったらパズルをする感覚なんでしょうが、勾配を考えての作業だったのでちょっと苦労しました、実は。

材料としては、石や木など、自然の素材が大好きです。
道路から家までの中庭があるのですが、結構ガタガタな石畳です。
これを全部外して石を並び替えるという、壮大な計画が待っています。(涙)
考えただけでも腰が痛くなりそうです。いつになることやら…。やることが順番待ちです。
Commented by nature21-plus at 2009-10-11 18:16
>道路から家までの中庭があるのですが、結構ガタガタな石畳です。
>これを全部外して石を並び替えるという、壮大な計画が待っています。(涙)

ああ、嬉しいヒントをいただきました!!。(笑)

茶席で言う「路地」を意識したハーブ畑と果樹が数本ある小さな庭が、焚き火小屋のエントラントになっているのですが、これをどうしようか悩んでいました。

香川県牟礼町にイサム・ノグチの庭園美術館があります。ここに何度か出かけてため息をついていたのですが…。

素敵なヒントを有難うございました。わくわくです!!。
Commented by exmouthcoco at 2009-10-14 19:53
■ nature21-plusさん、こんにちは!
またまた返事が遅くなり、申し訳ありません。(汗)

ハーブ畑とおいしい果物がなる木がエントランスになってるなんて…
「おいしそうな小路」を勝手に想像しております。

イサム・ノグチの庭園美術館のHP、早速チェックしてきました。
園内のあちこちはもちろん見ることはできませんが、ため息をつかれた意味がわかるような気がします。

石畳の石ですが、既存のものは形や大きさがバラバラで前途多難。
どうしようかそれこそ悩んでいたところ、去年の夏に、村外れの小道を散歩していたら、
雑木林の中から真四角に削られた石の宝の山を発見しました!
一つ一つが大きくてつややかな、キレイな石。
近くの農場のオーナーが持ち主でした。
運よく、そこで働いてる友達がいて、タダでもらえることになったのです!
ただ…問題が。一つが15キロくらいあると聞いています。(苦笑)
一体、何百個運べばいいのでしょう…。
by exmouthcoco | 2009-09-20 06:04 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(22)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco