フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

怒りを感じた 波勝崎(はがちざき)


伊豆に旅行に行った時のこと…

南伊豆から西伊豆に向かう途中、波勝崎に寄ってみた。
伊豆には子供の頃からよく遊びに来ているが、ここを訪れるのは初めて。
ここには野生の猿が生息しているらしく、観光ガイドには浜で遊ぶ猿たちの写真が載っていたりする。

野生の猿ということで、私の頭の中は、かつて大阪の友達に連れて行ってもらったある場所(箕面だったのかな?)が頭に浮かぶ。
道路のあちこちに猿がいて、車が来ようとも動じない。
スキを狙ってバッグを盗まれたりするらしいが、
時には人間と猿との立場が逆になるような、なんとなく滑稽な世界をまた見たかったこともある。

国道から脇道に入って、海のほうへとクネクネした道を下っていく。
猿があちこちにいるはずなのになぁ…そんなことを考えながら外を見るが、どこにも猿は見当たらない。

後でわかったのだが、ここは大阪の箕面のように道路を通過している間に猿がいるのではなく、
猿のいる「施設」になっているようだった。当然、有料。
なーーんだ、がっかり。

話が反れるが、私は個人趣味でやっているような施設ってあまり興味がない。
地方に行くとわんさかある ●●ミュージアムだの、△△の博物館、■■パークなど…はっきり言って苦手。
その土地にゆかりがあるわけでもないのに、なんでワニだのサボテンをを見なきゃいけないのか?
当然、この波勝崎の猿苑も同じ部類に入るわけで、「施設」とわかった時点で、却下。

とりあえず、行けるところまで行ってみよう、と、車で降りていく途中、
毛づくろいをしているお猿のカップル?に遭遇♪
b0069848_655954.jpg

道の至る所に「ここでエサを与えないでください」と、しつこいくらいに看板があったので、何もあげることもなく、車を停止して、写真を撮らせてもらった。それがこの写真。
車の窓を開けた途端、くつろぎモードの猿たちの顔が急にひきつったような風に見えた。
警戒してるのか?ここのお猿たちは…。

その後、もう一組の猿のカップルの脇を通り過ぎて、辿り着いたのはだだっ広い駐車場。
チケットを売っている売店のようなものがあり、マイクロバスが停まっていた。

中に入る気もなかったので引き返そうとしていたら、売店から離れた所に猿の親子を発見。
車を降りて見に行った。

そうしたら…後ろのほうから、おじさんが近づいてきて
「お猿たちがたくさんいる浜のほうへマイクロバスで案内しまーす。バスがそろそろ出ますのでどうぞ~」だって。
わざわざ一人一人に勧誘しに来た。(苦笑)

なーんだかなぁ。商売っ気満々だなぁと思いながら、車に戻り、国道目指して来た道を戻って行った。

途中、車の中から観光客がミカンを猿に与えていた。
うーーん、やっぱり気持ちはわかるよなぁ。

途中、カーブを上っている最中、ある光景が目に入った。

一人のおじさんが何かを投げている…!
猿たちが大慌てで移動していくのが見える。

一瞬、フルーツかな、と思った。この人も猿に何かあげてるんだ…。
と、思いながら、頭の中が???マーク。
投げてたもの、黒かった。果物の色じゃぁなかった。
しかも、すごいスピードで森の中に落ちていった。
じゃぁナンだ??

ウチの車がそのおじさんの脇を通過する時にすべてがわかった。
軽トラックに積まれた、こぶしよりももっと大きな石たち。
見られた?という感じでおじさんは苦笑い。この顔は忘れられない。

ここに猿がいてくれちゃ困るんだ。
(客に)ここで満足してもらっちゃ困るんだ。

まさにそんな感じだった。

自分たちの生活のためかもしれない。
だからって、動物虐待していいとは限らない。
猿たちがここに生息しているからこそ、自分がその仕事についているわけだし。

哀しみというよりも、怒りを感じた波勝崎。
帰り道、あのおじさんの顔を思いながら、
あぁ、あのおじさんの写真をアップで撮っておくべきだった。
ビデオに撮っておくべきだった…と、悔しく思った。

日本人は商売のためならこんなこともするのか?
そう思われたくはなかったけど、否定はできない。
それ以前に、同じ人間として、哀しく思った。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/10584084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by woodstove at 2009-03-25 12:36
cocoさん こん**は。
 ボクも2年前に伊豆を回りましたが、どうも「売らんかな!」と言った
雰囲気が充満した観光地であった事を記憶しております。
小樽でもガラス屋さんがハバを効かせておりますが、風情が無いですね。 どうしてああなっちまうんでしょうねぇ。。。。
Commented by anrianan at 2009-03-25 15:46
・・・・・・。
なんとも下劣で次元が低い。・・・・・・人間がすべての生き物の中で、一番高度であるという傲慢な考え方、さらに商売のために自然のあり方をねじ曲げるやり方。これが今の日本なんでしょうね・・・・・・。
なぜにこんなにまで拝金主義になってしまったのか。・・・・・・それ故に、心の乱世から抜けられず、不安の中を放浪する社会を作ってしまったのに。というのが私の印象。
節操のない世の中になってしまいました。・・・・・・ そういうオヤジたちは、これまた同じ思考の子どもを世に解き放ってしまっているのですね。
その内に、猿たちの逆襲を受けるでしょう・・・・・・。(と期待します)(^_^;)
Commented by naominx at 2009-03-25 19:14 x
cocoさんの生活が私の生活と似ていて数少ない共感の持てるブログとして、いつもこっそりと遊びに来ていました。
私は子供のころからウン十年と西伊豆で夏のホリデーを過ごしました。
もちろん波勝崎へも毎年行きました。(船でもいけます。)cocoさんは
商業主義と感じられたのかもしれませんが、私の認識では波勝崎は野生の猿の保護区で、西伊豆は温泉地でたくさんの民宿があるためお猿さんに山から下りてこられて町を荒らされるのを防ぐ役目があるのです。
もちろんそこも商業主義の一端と見ればそれまでですが。
石を投げたおじさんに賛成はできませんが、西伊豆に住む人の気持ちになってみると、道で猿にえさを与えたり猿の生活の場が山から町へと
移行して町で猿の捕獲作戦ですとか頭数の制限などという悲しい結果に
ならないために線引きをしているのだと思います。
cocoさんに波勝崎をまたは西伊豆を失望したままでいてほしくなかったのでコメントしました。
Commented by k at 2009-03-25 19:15 x
そういう人はどこにでもいるでしょう。日本人とくくらないでください。あなたはフランスに住んでいることで、自分をどこか高みににおいていませんか?外国に住んでいる人は日本のことを簡単に非難できないことを覚えておくことです。わたしも3年フランスに住んでいたことがありますが、同じように日本に対して失望をしたこともあります。でも違うのです。どこでも大差はないのです。非難するなら日本に帰ってくることです。
Commented by galleriaarsapua at 2009-03-26 02:54
元々、猿のすみかに人間が侵入していっているのか人間のすみかに猿が侵入してきているのか???
日本のテレビで日光の猿が観光客に凶暴になっているニュース見たりもしました。
naomixさんが言うように猿が人間生活を脅かす事がないように線引きをしているかもしれないというのもわかります。
動物って身体でわかってもらうしかないから。。。。話し合えないもんね。
でもフランスは本当に動物に優しい国だときいてますからその瞬間を見てしまったらcocoさんのように動揺するのは当然だと思います。
ましてニコラのお姉さん達も一緒だったと思うし。。。

cocoさんはフランスに住んでいる事で自分を高みにおいているような人ではありません。
その逆です。とても日本のよさを持ち得た方です。
だからこそ今回の事を日本人として怒ったと思います。
そしてブログにご自分の意見や気持ちを書く事でコメント欄で色んな方の意見を聞く事は大切で知らなかった事も知ったりするし。。。
cocoさんが日本で体験した事、語ってくれて嬉しいです。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-26 05:59
Θ しょうすけサン、こんばんはー。
伊豆をご旅行されたことがあるのですね。
どちらかと言うと、観光地!という雰囲気たっぷりの東伊豆より、
ひっそりと影の薄い(?)西伊豆が好きなのですが…
しょうすけサンはいかがでしたか?

伊豆に限らず、観光地、観光地しているのはちょっと苦手です。
引く手あまたの駐車場のお誘いとか、意地になっちゃうくらい避けて通るタイプです、私。(苦笑)

北海道、まだ足を踏み入れたことないのですが、風情のあるところをゆっくりと歩いてみたいですねー。
有名な所は、いまやそういう雰囲気は薄れてしまったのでしょうか…。
いい意味での町おこし、期待したいですね。

Commented by exmouthcoco at 2009-03-26 06:18
Θ anriさん、こんばんはー☆
すっかりご無沙汰しています!
少しずつ日常生活が戻ってきた感じです。もうちょっと頻繁に更新しないとね。へへへ。

さて、今回の記事。書こうか書くまいか悩んだのだけれど、どうも頭の隅にあの光景が残ってしまって…。
大人が動物に向かって石を投げるという行為を目の前にして、かなりショックでした。
これって先代から続いてきたものなのでしょうかね?次の世代にも引き継がれていくのかしら。

せっかくの楽しい旅の想い出が、このおじさんの行為によってすっかり薄れてしまった感じ。
目の前にあるものはやっぱり「現実」ということでしょうか…。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-26 06:49
Θ naominxさん、こんばんは!
コメントを残しに来てくださってありがとうございます。

私も子供の頃から夏休みといえば西伊豆でした!(笑)
ビーチがあって人気の東でなく、岩がゴツゴツして地味な西が好きなんです。
このおじさんの行為によって、西伊豆が大嫌いになった訳ではありませんのでご安心を…。(^ー^)

確かに、住民の方が猿の被害に脅かされて捕獲したりするのはありえるかもしれませんね。
伊豆に限ったことでなく、農村部での熊や鹿などの野生動物の話もよく耳にします。
でも、このおじさんの行為は「営業妨害」されないために猿を山に返す、と思えて仕方がないのです。
山に返すということなら、何も石を投げつけなくてもいいのではないか?と思うのです。

今回も、伊豆を旅行してきてたくさんの素敵な所を見てきました。
また次回も伊豆に足を運ぶと思います。
その時は、このお猿のカップルたちが、必要以上に警戒しなくてもいいくらいに生活できていたらいいんですけど。


Commented by exmouthcoco at 2009-03-26 07:03
Θ kさん、こんばんは。
本題から反れるので、この限られたスペースであまり討論はしたくないですが、
お猿の話題で、日本に帰ってくることのアドバイスをいただけるとは思ってもいませんでした。(^^ゞ
確かに、日本に限らず非常識な人はどこの国にも存在しますよね。
フランスに3年滞在されたことがあるそうですが…、
この国を離れてみて、さらに日本が好きになったことはありませんか?
私の場合は恐らくkさんと全く逆のようですね。非難することはほとんどないんです。
フランスのことはしょっちゅう非難していますが。(苦笑)
Commented by exmouthcoco at 2009-03-26 07:29
Θ kazukoさん、こんばんはっ!
いろいろと励ましのコメントありがとうございまーす。
ブログをやっていると、人によって様々な受け止め方があるんだな、と、つくづく感じますね。
1つの話題でもこれだけ多種多様…。奥が深いです。
自分の知らない世界がどんどん広がっていくし、いろんな人とお話できて…
それが楽しくて続けているんだけれど、時にはやっかいなツールでもあるようです。ブログって。
個人の日記なんだけどね…。

毎回の里帰り…ニコラも一緒なんだけど、彼は気持ちが日本人化しつつあるので、
旅行に行っても、別に外国人と意識しないんだけれど、今回は義姉夫婦も一緒だったので
気持ちが外国人寄りでした。(苦笑)
そういう点ではある意味、新鮮な旅行でもありましたよー。
やっぱり日本は最高!でした。
足湯に浸かりながら、知らない人と世間話ができるなんて…日本以外にありえないよねぇ。
Commented at 2009-03-26 17:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-27 06:53
Θ 鍵コメさん、こんばんは。(^ー^*)
人それぞれで受け止め方が違うんですねー。
本当、言葉というのは、その人柄がもろに表れますね。
知らず知らずのうちに、誰かを不快な思いをさせていたりするのかもしれないし…。自分も気をつけないと、と思います。
でも、いやなことばかりじゃぁないですよね、ブログって。
こうして鍵コメさんと楽しくやりとりできるのも、ブログのお陰ですもの!
いつもどうもありがとう!
Commented by at 2009-03-27 13:02 x
こんにちは。
「外国人よりの気持ちでした」とおっしゃっていますし、日本人でない立場で日本人を非難していることは肯定していますよね。それこそ私が感じたことだったので、物申しあげたのです。それも、日本語でおそらくほぼ日本人の読者に向かってあなたは違う立場にたって日本人はそこまでするのかと非難なさったのですよ。まさにあなたの本音に反応した私のコメントだったのですが。

又限られたスペースで討論したくないのでしたら、他の人とくっついて、私を批判するようなコメントは残すのはかなり卑怯かと思いますが。討論からは逃げ、人格否定にまで話を持っていくのはどうでしょうか。

Commented by だび at 2009-03-27 20:33 x
 10年ほど前に、まったく野生の猿に突然遭遇しました。
 私達は小さな子ども連れで、駐車場でそのボスと思われる猿に遭遇したのですが、大きくて、それ以上近づくなというそぶりでした。
 どこか後ろには群れがいるんでしょう。
 一瞬でしたが、立派な態度でしたよ。
 飼いならされると、人間も猿も堕落するのでしょうか。
 
Commented at 2009-03-27 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuchsia24 at 2009-03-28 08:41
ウソみたい、許せない。
人間のエゴで「ここで出てきてもらっては困る」みたいな判断を勝手にして。
伊豆って行った事ないんだけど、そんな場所があるんですね。
私も、いかにも商売してるっていう施設とか、そういうのは大嫌い。
アレルギー反応を示してしまいます。
それにしても、石を投げるだなんて、、、本当に憤りを感じます、最低!!
Commented by 1234 at 2009-03-28 09:47 x
>山に返すということなら、何も石を投げつけなくてもいいのではないか?と思うのです。
具体的にどうすればいいですか?猿害対策に悩む農民や住民のために是非素晴らしい日本人からのアドバイスを。薬?電撃?銃?毒いり食物?柵?

商売のためなら何でもするのか、ってそこにある背景を貴方はどれほど知っているのですか?
石を投げちゃだめ、と簡単にいうだけなら楽ですが。では貴方方はどのように人里に降りてきた害を及ぼす野獣を除去するのですか?今の猿害状況についてはどの程度の知識をお持ちですか?人間は生物の中で一番高度でなどありえないからこそ、石を投げるなどという原始的なやり方で対抗せざるを得ない住民の状況を把握していますか?エゴで済み分けるなんて許せないというなら、人里への野獣の徘徊をゆるせますか?町に捨てられた多くの動物はそのまま放置していいのですか?

別に日本を批判するなとはいいませんが、つまんないとこで引っかかってるな~というのが感想です。(苦笑)おはなばたけ。
Commented by coquille at 2009-03-28 16:29 x
お猿さんと人間の共存(商用目的)なんだか、住み分け(害獣駆除)なんだか、目的はよくわかりませんが、いい気がしないのは確かですね。なんだかんだ言っても、お猿さんは人間より弱い立場なんだし。
モロッコやチュニジアに旅行に行ったとき、あまりの現地人の商魂逞しさに、「彼らも食べていかないといけないわけだから・・・」と頭ではわかってはいても、やはり辟易した記憶がありますが、日本人も商魂の逞しさは何ら変りがありませんね。ある意味、やっぱり世界人類皆兄弟、欲深い生き物である、と感心してみたりして(笑
Commented by echalote at 2009-03-28 22:48 x
coco姫、お帰りなさい。
日本ではいろんな経験をしてきたんですね。
私は南仏で、「はりねずみ」に会いましたよ。
カシューが見つけました。
畑はどうですか?
わが町の畑は、まだ寒いみたいなんだけど、そろそろにんにくやたまねぎが大きくなってるはず。
風邪を引かないように、畑仕事がんばってね。
「馬糞の香る?!小道」での待ち合わせ、忘れてないから
元気になったら、飛んで行きます~。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 07:53
Θ kさん、またまたこんばんは!やっと、ご挨拶いただけましたね。

どうも話の受け止め方が若干ずれているようですので、修正させていただきます。
>「外国人よりの気持ちでした」 というのは、この猿の件とは全く関係なく、頻繁に訪れる伊豆を、いつもと違った視線から見つめて旅行したという意味なのですが…。はとバスツアーなどで、外国人向けのツアーに日本人が参加して、新たな東京を発見する、それと同じようなものと言ったらわかっていただけますか?

「日本人でない立場で」というのがいまいちよく理解できないのですが、世界のどこに住んでいようと、私は日本人です。
外国に住んでいるからと言って、自分の思ったことを口に出すべきでないと決めつけるなんて、それこそ傲慢ではありませんか?



Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:00
もし、あなたが私の立場だったら…
外国の人をどこかに案内していて、とんでもない光景を目にされたら、どう思われますか?
自分と同じ人間がしていることを哀しく思うと共に、居心地の悪さを覚えませんか?
あなたがフランスに滞在されていた時、クジラやイルカを殺す日本人のニュースを見たことはありませんか?
世界の国々から批判されていても、全く受入れないこの姿勢…さらに居心地悪く感じたことはありませんか?
(↑これは文化的なことも含んでいるので、これ以上は申しません)
どこに住んでいようが、気持ち的には変わらないと思うのです。
お気づきかわかりませんが、これは私個人の日記「つぶやき」のページに属します。
人に対して自分の意見を訴えたわけでなく、自分の素直な気持ちを書いたまでです。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:01

いずれにせよ…覆面をした状態で挨拶もせず、会ったこともない人間に対して高みをおいてると言い放し、自分の意見が一番正しいと押し付ける…
素直に受け止められないコメントであることは間違いなく、顔の見えないネット上で、マナー違反だとは思われませんか?
平気で土足で上がりこんでくるようなあなたに、他の方も敏感に思われていらっしゃることは確かです。
人とくっついて批判をしているつもりはありません。
ページを管理している以上、不快に思うコメントの削除などは可能です。
敢えてあなたの言葉を残しておいたのは、反対である意見も受入れるという意味合いもあります。
個人の考えを綴る自由もあれば、それに文句を言う自由もあると思うからです。

本来の記事は、猿に石を投げつけたおじさんに怒りを感じたというものです。
それに関してもっと突っ込んで討論したければ他の掲示板でお願いします。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:01
Θ だびサン、こんばんは~~!
ご無沙汰しております。

野生の動物たちは、人間には及ばない能力を持っているんですね。
突然に遭遇した猿たちはさぞ驚いたことと思います。
群れを守るべく、威嚇する態度はさすがボスなんですね。

私が道端で見かけた猿たちは、警戒という言葉がぴったりでした。
近くに民家があるわけでもなく、保護区域に近いはずなのに、何でこんなに怯えているのかしら?という感じでした。
アメかムチか…それをさぐっていたんでしょうね。

ところで、マッシュルーム、育てていらっしゃるんですね!
以前、発泡スチロールに入ったキットを買おうか買うまいか悩んだことがあるんです。
お金を払おうとして、中の成分はナンですか?と尋ねたら、「バフン」です、と言われそのまま帰ってきました。(笑)
我が家では、今年はしいたけを育ててみようと思っています。
今日、原木となる木を伐採してきました。
だびサンのところとは違って、収穫までは気が遠くなるほど先ですが、待てば待つほど楽しみが増えますよね。


Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:01



Θ 鍵コメさん、こんばんは~っ。
そうですね~。鍵コメさんのお仕事、そういう点では本当にご苦労が多そうです。
体力的にもハードそうですが、精神的にもかなり気を遣われるのではないですか?
昔に比べて、なんだか暮らしにくい世の中になってきましたね…。
いつも励まし、ありがとうございます。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:02
Θ fuchsiaさん、こんばんはー。
日本からお帰りなさい!って、かなり前になってしまうけど。
滞在記、楽しませていただいてるのと、ほんと、よく食べるなぁ~と感心しております。(笑)

伊豆はとってもいい所ですよ、ちなみに。
子供の頃から、夏休みというと、必ず西伊豆だったんです。
私たちが子供の頃も、きっとバリバリの商業施設はあったんでしょうけどね…実際、足を運んだことないのでよく覚えていません。
でも、現在の様子とは全く趣が異なると思うんです。
博物館に美術館…個人のコレクションとかが主なんでしょうけど、なにもここまで来て見なくてもいいんじゃないかと思ったりして…。
もうちょっと落ち着いて、その土地を心から楽しみたいのに、残念な気持ちです。

猿に石を投げているのを見られて、あ、しまった!と苦笑いするあのおじさん。
あの顔はなかなか忘れられそうにありません。本当に最低!
Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:02
Θ 1234さん、はじめまして…でしょうか?こんばんは。
日本を批判している訳ではありませんよ。
猿に石を投げつけているおじさんの行動について非難しただけです。

猿を山に返す方法のアドバイスを求められるのは、1234さんが実際に猿の被害に悩んでいらっしゃるからなのですか?
同じような境遇にある、そのおじさんのほうが素晴らしい回答をくださるかもしれませんね。
今日のフランスのTVで、動物による家庭での被害を特集していました。
道に飛び出してくるイノシシや、家禽を食べつくしてしまうキツネ、屋根裏に入りこんで巣を作り住み着いてしまうイタチ…。
このルポタージュでは、実際の狩りの様子や罠を使った捕獲作戦をしていました。
どれも私の暮らすところで日常的に起こりうる事実です。
キツネ退治の所は、実際に私の住む村からわずか10kmにある村でした。

Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:02
続きです。

ん?と…話がずれるのですが、実際に私が目撃した、近くに民家もない森の中で猿に石を投げるおじさん(<商売的)と、
人間生活を脅かす野生動物の被害と…どう考えても別のことのような気がします。
1つにまとめようとするのが無理があるんです。

1234さんは、自分が目の前に見た光景を自分の日記に綴った時、その裏の裏の裏の事情まで追求して書かれるのですか?
この記事は、個人的な日記の、「つぶやき」の一部です。
個人の考えにあれこれと突っ込んでくるあなたのような方がいるからこそ、「引っかかってるな~」と思われるのかもしれませんね。

Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:03
Θ coquilleさん、こんばんはーっ。
この不快な光景は事実だけに、やっぱりショックですよ~。
害獣駆除の目的だったら、なにも一人でこっそりやらなくても、と思いますもの。

>やっぱり世界人類皆兄弟、欲深い生き物である
って、妙に納得です。
マグレブの商売熱心さはよく聞きますよね。
私の場合、中国の桂林に行った時、それはそれは熱烈歓迎で、歩くたびに勧誘されてぶち切れしたことがあります。
放っておいてください!って。(笑)
日本での商魂たくましさって、普段はあまり気にならなかったんですが、観光地に行くとあぁ…って思いますね。
でも、日本でいいのは、お客にぼらないということ。当たり前なんですけど、外国だとそれがその通りにいかないですよね。

Commented by exmouthcoco at 2009-03-29 08:03
Θ りんご姫、ただいま~。
エリソン君に会ったのね。いいなぁ~。私、まだ見たことないんですよ。
いた!と思ったら、苔だったし…。(笑)

畑はねぇ…秋に植えた玉ねぎやニンニクがそろそろ元気が出てきました。
今年は上質の馬糞が手に入って、大喜びなんだけど、どこでもかまわずに土と混ぜ込むニコラがいるのでちょっと監視モードです。
枝豆とかアリコとかのお豆類はさぁ、やっぱりフミエほかほかだと葉っぱばかり茂っちゃうでしょう?
そうならないために、一応、考えてはいるんだけどね。

「馬糞の香る」じゃなくて、「馬糞の落ちてる森の小道」ですよ~。
抗がん剤…記事を読んでるだけで、こっちが力んじゃう。
精神的に強いなぁ、りんご姫。
早く元気になってね。待ち合わせ場所はいつも変わらずにあるからね。
Commented at 2009-03-29 10:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-29 18:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-29 20:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-29 20:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-30 06:33
Θ 鍵コメ 2009-03-29 10:12 のパ○○○○サン。
はじめまして!
私もそのブログ、リンクには入れていないのですが、たまに拝見させていただいてます!
とっても魅力的ですよね!私も大好きなブログの1つです。(^ー^)
そして、温かいメッセージありがとうございました。
そうなんですよね…。鍵コメさんがおっしゃること、私もずっと思っていたのですよ。
紹介文とかあるのにねぇって…。(苦笑)

ブログ仲間の方で、パスワード制を取り入れているサイトに移動した方がいらっしゃいますが、気持ちがわかるような気がします。
エキサイトブログだとコメント欄には認証制はまだ採用されてないのです。しばらく我慢ということなのでしょうね。

ただ、IPアドレスによって相手がどこから発信しているのか、多少わかることもあります。
だからと言って何をするわけではないのですが、会社名とかが出てくると、「…」とか思ったりしますね。
こういう人がいる会社なのか、と。

長くなりましたのでこの辺で…。
拙いブログですが、楽しんでいただけて光栄です。
またコメント欄にも遊びにいらしてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Commented by exmouthcoco at 2009-03-30 06:38
Θ 鍵コメ 2009-03-29 18:29 ○○○fサン!
お久しぶりです~~!
そうなんですよ。なんだかねー。
世の中、住みにくくなりましたね。

そうそう、メール、二つともいただいています!ありがとうございます。
来客があって、準備だの片付けだの…忙しくて返事が遅れています。
おまけに、夏時間がやってきて睡眠時間が減ってしまったし…。
またゆっくりとメールさせていただきますね。では後ほど~~。
Commented by Alles at 2009-03-30 22:54 x
cocoさん、初めまして。現在、ドイツに住んでおります。いつも記事が更新されているたびに共感したり、心が和んだり、勉強になったり。今までコメントは残したことがありませんでしたが、海外生活でちょっと疲れたりすると、アクセスしてしまうそんなBlogがこちらです。以前、Blogをしていましたが、嫌な気持ちになった事があってつい面倒になり、止めてしまったことがあります。でもcocoさんのBlogでフランスの生きている情報から元気をもらえる人が多いことは忘れないでくださいね。これからもフランスからの発信楽しみにしています(*^_^*)
Commented at 2009-03-31 00:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2009-03-31 05:36
Θ Allesさん、はじめまして!!
ドイツからようこそ!遠い日本からしたら、ご近所さんですね。よろしくお願いします!
励ましのメッセージをありがとうございます!
Allesさんも以前はブロガーさんだったのですね。
本当、面倒になること多いです。(笑)私もこれまでに何度やめようと思ったことか…。
田舎に引っ越してきてからは、リフォームや畑仕事に追われることもあって、時間のやりくりをするのがなかなか…。
夫婦の団欒の時間をさりげなく削ったりして(笑)、こっそりPCに向かう努力をしています。ははは。

人に元気をわけてあげられるようなブログを目指していますが、
今回はいろんな意味で、いろいろな人から元気をいただいてます。感謝。
拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします!
Commented by exmouthcoco at 2009-03-31 05:37
Θ 鍵コメ 2009-03-31 00:32 のR○○○さん、はじめまして!
勇気を出してコメントに来てくださってありがとうございます。(笑)
鍵コメさんもブログをなさってるのですね。先ほどチラリと覗きに参りました。
後ほど、ゆっくりとそちらにお邪魔させていただこうと思います。

そうなんです。更新が滞ってばかりですよね。(^^ゞ 反省しています。
次の記事の用意はしているのですが、他の用事があったりして先に進めず…。(苦笑)
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by poojeehouse at 2009-03-31 09:08
小学生の頃、家族で行った群馬県のサファリパーク。
行楽嫌いの父が重い腰を上げて子供のために連れて行ってくれた数少ない場所でした。
でも、いざ入ってみると、そこの動物たちは生気を失い、人から与えられる餌をただ待つだけで、
時々ブゥンブゥンとけしかけて来るシマウマ柄のジープに無理やり居場所を急き立てられる
やる気の無いライオンたち・・・、
とてもサファリではありませんでした。

本当の意味で動物とのふれあいを楽しめる施設、場所って少ないですよね、
これならうちの半野良猫の方がシアワセだな・・・と思って帰ってきた思い出があります。
Commented by カト at 2009-03-31 15:26 x
cocoさん、こんにちは~。
そして、ふたたびのフランス、あったかくなってますか?
私は去年の花見を思い出しながら、今年も寒いのに花見です。
今日もこれから、行きます(笑)。

このコメントにおけるcocoさんの姿勢、大好きです。
惚れてたけど、惚れなおしました。
また、ゆっくりねえ。おうちの話も聞きたいです。
Commented by Saori at 2009-04-01 01:49 x
cocoちゃん、こんにちは~!
日本では色んな経験をしてきたのね・・・
最近ちょっとまた寒くない?UKだけかな?
先週、海辺に行ってきたんだけど、突然寒くなったので風邪ひいて戻ってきちゃった・・・春先って気候が安定しないから体調管理も難しいよね。
cocoちゃんも日本から戻ってきて疲れから風邪ひいたりしないように気をつけてね。

サルのおじさんの話はちょっと悲しかったなあ・・・
色んな事情があるにしても、石投げるのはちょっとやりすぎな気がするよ。
私も子供の頃よく夏休み伊豆に行ったけど、そういえばサボテン公園とか行った(笑)サボテン買って帰ってきたっけ。もしかしたら今も実家にあるかも・・・

ブログやってると色んな意見が聞けるのが楽しくもあったり、またやっかいな事もあったり・・・私も以前一回あったのよ、、、^-^;
↑のコメントの方が書いてらっしゃるけど、私もcocoちゃんの真っ直ぐな姿勢、すごく好きです^-^
Commented at 2009-04-01 03:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-04-01 03:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2009-04-01 05:40
Θ poojeehouseさん、こんばんはー。
サファリパークって行ったことなんですよね~。
中が一体どうなってるのか、気になっていました。
シマウマ柄のジープに追いやられちゃうんですか?ライオンさんが?
なんだかとってもお気の毒…。
ライオンって昼間はずっとぐうたら寝てるイメージがあります。
動かなかったら轢かれちゃうんでしょうかね?(笑)

こちらでは、たまにサーカスを見かけるのですが、先日、街中を車で走っていて赤信号で止まったら、すぐ脇の歩道に檻に入ったライオンがいて、右に動いてはガオー、左に動いてはガオー…これの繰り返しをしていて、気の毒になりましたよ。動物も相当にストレス溜まるでしょうね。
Commented by exmouthcoco at 2009-04-01 05:47
Θ カトさんっっ!こんばんはー。
帰って行ったのに、帰って来ちゃいましたよ。(意味わかる?笑)
最近は大分、暖かくなってきましたよ。
所々で桜だかプルーンのお花を見ると、去年のお花見を思い出します。
寒かったね~。(笑)
あの、箱のワインを旦那サマにあげた時の、懐かしいぃ~という、うれしそうな笑顔が頭について離れませんわ。
今日のお花見、いかがでしたか~?

私、惚れられるほど、立派な人間じゃないんですってば!
マナー違反な人に自分の気持ちを向けただけ…。

そうそう…!家のことで新たな進展がありまして…
近いうちにこの場で記事にできたらいいなぁ、と思っておりまする。
またねぇ~。
Commented by exmouthcoco at 2009-04-01 06:05
Θ Saoriちゃん、こんばんはー☆
いや、最近はこちらは天気もよくて暖かいよ。
今週は気温もグッと上がるようだし、先週蒔いた種たちがどんどん育ってきました!
季節の変わり目って体調崩しがちだよね。
風邪、早く治してね。おだいじに!

サボテン公園、行ったことあるんだ~。
ウチの父親、この手のもの、結構好きで、近くを通るたびに
「バナナワニ園」に行こうか!とか、「蘭センター」に行こうか!とか言い出すの。
私は自然の中で動き回るほうが好きなんだけどね。

ブログは奥が深いねぇ。ただ単にぼそっと独り言でも、
それに対して角が立つ人もいるし…。
でも、どの点でも、顔が見えないからマナーは大事だと思うのよね。
海外暮らしはお高いらしい…。今まで会った人、そんな人は一人もいなかったけどね。
人の受け止め方って、本当に様々です。
Commented by exmouthcoco at 2009-04-01 06:11
Θ 鍵コメ 2009-04-01 03:24 の ポ○○。さん、はじめまして!
コメントを残しに来てくださってありがとうございます。
そうですね…考え方の違いですね。人それぞれですから…。
でもでも、大丈夫ですよ。こんなことではへこたれません。(笑)
結構打たれ強いんです。適当なところでかわす…B型です。
読んでくださる方に少しでも元気をお分けできたらいいな、とおもっているのですが、
今回は逆にいろんな方から励ましのメッセージをいただいて、元気をいただきました。
これをバネに、頑張りますよ~。
温かいメッセージ、本当にありがとうございました。
Commented at 2009-04-11 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2009-04-11 05:06
Θ 鍵コメのあ○○さん、こんばんはーー☆
やっぱり日本の生活って、時間に追われて、人にもまれて、流されて…ストレス溜まるんでしょうかね~?
そんな疲れをこのブログで少しでも癒せたら、と思うんですけど…。(苦笑)
人間ってつくづくないものねだりだなぁって思います。
今の私には、物質的なものは、便利で何でも手に入る日本の生活が輝いて見えてしょうがないけれど、実際、以前のように生活となると、辛い現実ってなってしまうのでしょうか?
東京生活でそろそろ疲れてきた鍵コメさん、こちらのブログで元気になっていってくださーい!
by exmouthcoco | 2009-03-25 07:27 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(50)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco