フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

木こりになった週末

友人も無事に日本に帰り、なんとなくだらんとした日常が戻りつつある日…
先週末は木こりになった私たち。
b0069848_5362026.jpg

借りている畑の奥に6~7本くらいの、高さ20メートルはあろう大木が生えていたんだけど、
新規の畑志願者が増えたこと、たまにやってくる嵐に備えて、これらを切ることになった。

畑仲間の一人が副業を兼ねて木こりをやっていて、管理しているおじさんに頼まれたらしい。
先週のある日、突然ニコラのところにやってきて、「土曜日に畑の木を切るんだけど、薪となる木は要る?」と、わざわざ聞きに来てくれた。

そして土曜日…。
朝8時半の約束だったのに、木こりの彼が我が家の前を通って行ったのが7時45分。
気合、入ってるなぁ。

時間通りに到着した私たち。
すでに2本の巨大な木が切り倒されて横たわっていた。

あぁ… il||li _| ̄|● il||liガーン


カメラ忘れました。 ブロガー失格。
b0069848_53805.jpg

目の前で巨大な木が倒されていく。
地響きと共に、なんだか木の一生を見守るようでちょっと哀しい気持ち。
b0069848_5382744.jpg

午前中は木こりのおじさん、ニコラと私、そしてファンファンの旦那シルヴァンと犬一匹。
地響きがするたびに、不安でしょうがない犬。そりゃぁそうだよねー。

お昼ごはんに家に戻り、午後はちゃんとカメラで収めて来ましたよ。
木の伐採の様子。



画像がいまいちですが、なんとなくその場の雰囲気が伝わるかな、と…。

これ、最後の木となるんだけど、
ちょっと斜めに生えていたので、隣の壁に激突するのを避けるため、トラクターまで出動。
が、しかーし!このトラクターのおじさんのアドバイスのせいで?木が変なほうに倒れちゃったよ。(笑)

木を単に切ると言っても、その後が大変!
枝を取り払って、丸太にして、それを斧で勝ち割っていく…。
いつの間にか、管理してるおじさんの家族がやってきて、
子供たちも含め、薪を運んだり、枝を掃除したりと手伝ってくれて大助かり。
b0069848_5441231.jpg

夕方近くなって、丸太を斧で割って薪にする作業が始まった。

おしゃべりが大好きなこの人たち。斧を振り回してる間もおしゃべりが止まらない。
斧を振り下ろすたびに、丸太から水が湧き出る。
さっきまで根を張って生きていたんだものね。

それにしても、「木こり」って大変な仕事だ。
単に木を切るといっても、風向きを読んで、どの方向に倒すか角度を計算して…。
斧を振り回して体中の筋肉を駆使したニコラは、
「空港の仕事のほうがよっぽどラクだし、家のリフォーム作業のほうがもっと体力を使わない」とこぼしていた。(苦笑)

一方、私は、薪の整理や枝の片付けに追われる一方、
一輪車に薪を載せてぬかるみの道を100メートル先の車まで運ぶ。
もうこれが何よりも大変。何十往復しただろうか…。
歩いて歩いて…ヒップアップにつながるといいんだけど、
そこまで期待して楽しむ余裕もなかったなぁ。

思い起こせば、約3年前にも丸太と格闘したことがあったっけ。
コレ、今回の状況を考えると、ちょろいちょろい。
どうやら私たち、田舎暮らしで少しは成長しているらしいデス。
[PR]
Commented by woodstove at 2009-02-18 07:26
cocoさん こん**は。 
実に羨ましい光景であります。 その樹齢の木を倒すのは、やはり心が痛みますが、また新しい若い木を植えてあげましょう。。。(場所があればですが)
 でもいいですねぇ。皆さんで作業するなんて。
お近くでしたらボクもお手伝いに行きましたのに。。。。。残念!!(^^;)
Commented by momimam at 2009-02-18 07:51 x
おはよう! と思って開いたら  すご~い! 
丸太 丸太 思わず、これ、厳寒脇に置くのに丁度いいわ! ・・ムリ !ビデオで 臨場感あふれる報告ありがとう。
畑管理人一家、お子さん達6人だっけ ワンコも加わって 賑やかな滅多にないイベントだったね、おつかれさん。
あと一週間だね。 待ってます。

Commented by momimam at 2009-02-18 07:52 x
玄関でした
Commented by yuimaiboo at 2009-02-18 14:03
こんにちは!

す、すごいですね(汗)
見ているこっちもなんだか疲れた気分です(笑)
午前から・・・夕方には薪割りって・・・メタボな主人にやらせたい(笑;

映像の途中にcocoさんの笑い声が!
フランス語の分からない私にはちょっとどんな事を言っているのか
かなり知りたいです(^^)

一輪車・・・お疲れ様でした;
きっとかなりのヒップアップになっていますよ!^^

また楽しい映像待っています☆
Commented by africa at 2009-02-18 15:29 x
cocoさーん、こんにちわ。
いや~、見てるだけで疲れちゃった(爆)
木が湿ってるから、なかなかスコンと気持ちよく割れないんだね。
斧ってこんな幅の狭いもの使うものなの?漫画だとこの三倍くらいのでスカンと一発で割っちゃうのにねえ(笑)
何十往復歩いて運んで、きっとお尻は筋肉隆々さっ。(え?意味違う?)
Commented by anrianan at 2009-02-18 18:00
ウチの親の所も薪ストーブなので、当然薪を用意して保管しているのですが、このような巨木は見たことが・・・・・・。「木の一生を見るようで・・・」というcocoさんの気持ち、私も同感です。
山にとっても、適度に伐採して手を入れてあげた方がよいと聞きますが、大きな樹が倒れていく様や横たわっている姿は、なんだか悲しいものを感じます。
斧で割った時に水が出るという話も生々しい、というか、生命を感じて何となく感動しました。
そうですよねぇ、田舎暮らしって、まず元気で働けないとね。(笑)
リフォームもかなり体力を要すると思うんだけど、ニコラさんは普段使っていない筋肉を使うから、キツイ作業なのかもしれませんね。 私など、庭仕事をしないと、ほーんとーーーーーに動かない生活なので、たまに剪定をしたり草むしりをすると、翌日には筋肉痛になる始末。(^_^;)
私も、これほどの巨木ではないけれど、直径10cmくらいの山桜の木を切ろうと思っているのです。・・・・・・そうなのねぇ、切った後が大変なのよねぇ。・・・・・
Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 00:17
Θ しょうすけサン、こんにちは!
異常気象のせいか、今年は嵐が多いような気がします。
フランス国内でもあちらこちらで木がなぎ倒されたりして、自然のすさまじさを感じるばかりです。
この大きな木たちも、嵐のせいか?ちょっと斜めになってしまったり、あまりにも育ちすぎて
肝心の畑が陰になったりすることもあって、切ることにしたようです。
でも、本来、この木たちは、木こりのおじさんが自分用に持ち去る権利はあるんですが、
みんなのために、ということで残してくれたのです。優しい…*
しょうすけサンならご存知かもしれませんが、この木は薪にはあまり適していないポプラの一種です。
焚き付け用に、ということで無料なら、誰でも興味ありますよね。

長い目で見て、樫の木(どんぐり)を植えたら良さそうですが…
その木の伐採の頃にはみんな、じーさんばーさんになってそうです。(苦笑)
Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 00:26
Θ momimamさん、こんにちは!
また丸太と格闘ですー。
自分たちの畑の奥に2つ。ファンファンたちの畑の奥に2つ。
テーブルと椅子みたいな感じで…なかなかいいでしょう?
暖炉の前にも手頃な丸太を2つ持ってきました。

考えてみたら、川越の家で丸太を手に入れることって、なかなか不可能だよね。
玄関脇のあの丸太はあれはアレでいいと思うけど…水平だったらなおいいかもね。

ばたばたしている毎日で、気がついたらあと1週間近く。
お世話になりまーす。

Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 00:32
Θ yuimaibooさん、こんにちは!

そう、見てるだけで疲れるでしょう?
朝のうちは土も凍っていて、薪も運びやすいんだけど、お昼近くになるにつれ、
ぬかるみにはまり、息がはぁはぁあがって罰ゲームの気分です。

自分の声をこうして音声で聞くと変な感じですよね。
誰?これ?みたいな。(笑)
2つ目のビデオで、左で薪割りをしてるごっついおじさんが木こりの人なんですが、
誰も彼には敵いません。
薪割りに挑戦してみようと、彼の脇でやろうとして…ビデオ撮影してるのに気づいて、
まさか隣でやってもね~。(^^ゞ
---みたいな感じです。

画像を貼り付けるの、コレが始めてですが、どうでしょう?
もうちょっと高画質だったらいいんですけどねー。
もっとカメラのこと、勉強しないといけないようです。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 01:07
Θ africaさん、こんにちはーー!
そうそう、自分でもこのビデオを見直してるだけで疲れがよみがえってきます。(笑)
スコンって気持ちよく割れるのを想像しがちなんだけど…コレが結構難しい。
丸太が乾いたほうがやり易いのかな?なんて、素人の考えで思ったりもしたけれど、
木こりのおじさん曰く、湿ってるうちに薪にする、だそうです。

斧の大きさ、そうでしょう~?私も桃太郎が担いでる大きなモノを想像したいたんだけど、
こちらのはこの大きさが主です。
この他に、鉄のくさびだけがあったり、いろいろ種類もあったりするんだけど、
1日、本職の人と仕事をして得たことは、「薪を割るにもコツがいる」ということ。
素人だと、真ん中めがけて斧を下ろしたいところだけど、プロのひとは端から4隅をはぎ落とすような感じで、
端から、端から…が鉄則のようでした。

ぬかるみの道を何十キロの薪と格闘して、足腰がひきしまったような…。(本当?)
下半身、痩せたい人、我が家に集合!って声をかけたいくらい。(苦笑)
Commented by yumi_fr at 2009-02-19 01:17
お久しぶりです!

おおっ、すっごい大きな木なんですね。いやー、これは疲れるでしょうね、木こりさんいつもお疲れ様です。そしてcoco夫妻もお疲れ様!

私ってどこまで食いしん坊なんでしょ。まき割りのビデオ見て“お餅つき”みたい食べた~い♪と思ってしまった。以前まき割りのお手伝いしたいなんてコメントした記憶がありますが・・・ニコラさんみたいに腕上がらないだろうなぁ(笑)
Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 01:27
Θ anriさん、こんにちは!
田舎のご両親はどうやって薪を調達していらっしゃるのかしら?
こちらだと、薪をトラックで運んでもらって…というのが普通で、
でも、その後、自分のスペースに積みなおすわけだから、それでも結構体力消耗するのよね。
だから、暖炉をやめてしまう人も多いのも事実…。
でも、電気やガスに比べて、薪はまだ安定して安いので、田舎暮らしをする上では欠かせないかな。
でも本当、田舎で生活をするということは健康でなくちゃね。

もうそろそろ春の畑のことが気にかかってます。
毎年、この頃になると、今年こそはキチンとやろう!って思うんだけど…
暖かくなってくると他にもやることがいっぱいで…。

お庭の山桜って、ぐんぐん上に伸びてる子だよね?(苦笑)
単に木を切るって言っても、普段とは違う態勢でやるから非常に疲れるんだよね。
その後片付けも大変だけど、それ以前に、木の伐採、気をつけてね。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-19 02:05
Θ yumiさん、お久しぶりですっ!
ご出産の時、お祝いメッセージ入れたかしら?って考えてました…。(^^ゞ
今が一番、可愛い時期でしょうね~。

木こりのプロと一緒に1日体験。
体力消費しましたが、学ぶことも多くて貴重な1日でしたよ。
木こりさんに「切った木を全部あげる」と言われましたが、さすがに…場所もないので、みんなで山分けです。
yumiさんのところは薪は使わないのかな?
薪は3度体が温まるというけれど、本当でした。
1)薪を作る。←この時点で超ヒート気味。
2)薪を運ぶ。←これで私は死にました。
3)薪を燃やして暖をとる。←これが本命。

確かにお餅つきに似てるかも。(笑)


Commented by galleriaarsapua at 2009-02-19 16:27
cocoさん、おはよう。
森のお掃除ですね。それにしても立派な大木ですね。
そのまま切って椅子にするのにちょうどいい大きさ!
好きですよ,こういうの。
家のそばの森もお掃除しないといけないのですが。。。
いつになる事やら。。。
重労働お疲れさまでした。でも随分と薪の貯蓄は出来たのでは?
Commented by Saori at 2009-02-19 19:21 x
覚えてるよ!丸太との格闘!
もう3年も前の話になるの?びっくり・・・時間がすぎるのって早いね。
今回はまたまたすごい事になってたのね。
こういうのを見ると自然と人間がすごく近くに共存しているんだなあ・・・って思うよ。
きこりのおじさん、ダイナミック!
そしてみんなが協力する姿、素晴らしいねえ。
最近の日本では隣近所に誰が住んでいるかも分からない、なんて話を聞くとこういう土地で住むことができるっていいことだよね、としみじみ思ってしまったよ。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-20 06:42
Θ kazukoさん、こんばんはー!
この敷地、森に囲まれているものの、一応、隔離されているんです。
畑にも、隣の森からどんぐりが落ちて、小さな芽が出ていたりして、
きっと放っておいたらここも森になっちゃうのかも…。

椅子用の丸太、さっそく調達しましたよ~。
家の中の暖炉の前に2つ…。
そして、畑の一番奥に大小2つの丸太を…。
荷物置きとか椅子とテーブルにしようかと思って。(^ー^)

薪は自宅に持ってきて、キレイに積みなおしました。
が!まだまだ菜園の敷地には転がっていて…。
ププリエ(ポプラ)の木なので、焚き付け用には抜群なんだけど、
薪としてはイマイチなんだそうですよ。
でも、夏用にBBQとしては最高かも。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-20 07:00
Θ Saoriちゃん、こんばんは。
あ、覚えていてくれたのね~、3年前の話。
そう、田舎暮らしも丸3年だもの。
その間、ずっとリノベーションを続けてると思うと、自分でもすごいと思うわぁ。

木こりのおじさん、本当、ダイナミックでしょう?
2つのチェーンソウを巧みに使って大木を切るのよ。
斧で薪を作るときも、他の人とは比べものにならないくらい、スパスパと割っちゃうの。
丸くて大きな体なんだけど、見かけだけ?って人が多い中、
あの人は本当に力持ちらしい。(苦笑)

みんなの協力で少しずつ畑もきれいに整備されていってます。
昨日の夜は畑仲間の会合があって、1年ぶりに全員揃って、今後の方針を話し合ったりしたの。
普段は作業着姿しか見ないけど、あらためて普通の格好をしてるみんなを見るのって、ちょっと面白かったりして。
地域の集いというのはたまに参加するといいものだね。
村中に知り合いが増えるし!


Commented by sacchila at 2009-02-20 15:09
こんちはー。
伐採のビデオのブレ具合が、迫力感じさせます!
これは写真だと、どんなにすごいか伝わりにくいですもんね。楽しませてもらいました♪
あんなにリフォームするニコラ氏でも、木こりの仕事は応えるんですねぇ。
薪を切ると水が出るなんて!確かに、さっきまで生きてたもんねぇ!こういうことすると、自然の素晴しさが身にしみて実感ですね~。
Commented by kato_note at 2009-02-20 16:53
今日は、すごいですね開拓って感じです。
私も裏山の下ばえの茨の木を刈って道を作る作業をしたとき
昔の人は大変だったんだなぁなんて感慨に耽っちゃいましたよ。
皆での作業は良いですね、楽しそう。
それでも大変は大変でしょうね(汗)お疲れさまでした。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-21 19:47
Θ sacchilaさん、こんにちはー!
そう!ビデオが揺れてますね。(苦笑)
何日か前に、畑仲間の会合があって、この映像をプロジェクターで披露したのですが、みんなに笑われました。

雪かきにしてもそうだけど、慣れない仕事って、普段使わない筋肉を駆使するので、身体にこたえます…。
幸い?私は筋肉痛はなかったけど、コレって肉体的に若いんでしょうか?(図々しい?笑)

大量の薪を作って運んだものの、まだまだ丸太が残ってます。
明日、日曜日はまた木こりになってきますわ。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-21 19:53
Θ kato_noteさん、こんにちは!
開拓ですか…あはは。確かにそうかも。
人手で薪や枝を片付けたりして、苦戦してましたが、
最後のトラクターでガガガーっと押して移動させた瞬間、
あぁ、文明の利器はすごいなぁと思うと同時に、昔の人はすべて人力でやったんだなぁとkato_notoさんと同じことを思いましたよ。

畑は個人での作業ですが、こうやって共同作業をすると、不思議と連帯感が生まれてくるんですよね。
先日、行われた会合は、にこやかな雰囲気でした。
地域の輪を作る意味でもこういうのってとても大事なことですよね。

Commented by echalotes at 2009-02-25 19:07
coco姫、南仏からこんにちは。とってもおひさしぶり。
ブログに遊びに来てくれてありがとう!嬉しかったです。
私も時々のぞいては「あ、私も去年は日本に3回行ったのよ!」なんてつぶやいてました。
今年はすっかり畑から離れることになるけれど
やっぱり土とマレを懐かしく思う今日この頃です。
南仏はガリーグでわが町の辺りや北のほうのような森がないから
きこりの日の風景もいいなーって眺めてます。

それにしてもおいしそうなパン!
こっちまで配達お願いします!
私も昨年末家にこもっていた時期、スコーンを焼いたり
タルトタタンを作ってみたりしたけど
やっぱり自分の家で作ったものはおいしいわよね~。
おいしい写真も楽しみにしています。
また遊びに来ますね。
Commented by exmouthcoco at 2009-02-26 08:10
Θ りんご姫、お久しぶりだね。
手術が無事に終わって、元気そうで安心しました。
今年はやっぱりマレの畑はおやすみなんだね。
私もそろそろ種蒔き準備をしたり、土作りをしたりとやらないと行けないんだけど…
実は明日からまた日本に向かいます!
3月半ばくらいに戻ってくる予定なので、それでも間に合うかなぁ~。
異常気象が続くこの頃…今年はどんな野菜もまんべんなく豊作であったらいいなと思ってます。

りんご姫、あまり無理しないでね。おだいじに…そして、南仏暮らしを楽しんできてください~。
by exmouthcoco | 2009-02-18 07:00 | ■mom potager■ 畑の話 | Comments(23)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco